NEWS
2020年12月29日 10時40分 JST

年末年始、寒波襲来で大荒れの予測。大雪や低温に注意して【週間天気 】

天気の落ち着いているところでは、天体観測を楽しむことができそうです。

ウェザーニュース
週間天気

2020/12/29 05:29 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・大晦日は寒波襲来 元日にかけ広範囲で雪
・極寒の年越し 昼間でも辛い寒さ
・満月や流星群など天体イベント満載

大晦日は寒波襲来 元日にかけ広範囲で雪

ウェザーニュース
上空1500m付近の寒気予想 31日(木)9時

日本付近には31日(木)の大晦日から1日(金)の元日にかけてをピークに非常に強い寒気が流れ込み、荒れた天気となります。

日本海側で大雪となり、1月3日(日)にかけては、今月中旬の寒波以上の積雪の増加が見込まれています。一気に積雪が増えるため、車の立ち往生などが発生してもおかしくありません。予定を調整して移動を控えることもご検討ください。

<1月3日(日)までに予想される降雪量(多いところ)>
 北海道 日本海側など 80cm前後
 東北 日本海側    200cm前後
 北陸         200cm前後
 関東甲信山沿い   150cm前後
 東海山沿い     150cm前後
 近畿 北部山沿い   100cm前後
 山陰 山沿い     100cm前後

また、雪雲が非常に発達する影響で、山を越えた太平洋側でも雪の降るところがあります。大阪周辺などでも雪が降り、名古屋周辺や九州、瀬戸内では雪の積もるおそれがあります。
車の運転をできるだけ控えて、やむを得ず車を使う際は、雪や凍結による危険性を考えて、スタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着し、無理をせず、可能な限りの安全運転を心がけてください。 

>>各地の積雪の予想は(会員限定)

>>路面凍結予報(会員限定)

極寒の年越し 昼間でも辛い寒さ

ウェザーニュース
12月31日(木) 大晦日の天気・気温

この非常に強い寒気の影響で、平年よりさらに寒くなる予想です。名古屋や大阪など都市部でも昼間は5℃前後までしか気温が上がらない予想です。年越しのタイミングも、各地で0℃前後の冷え込みとなりそうです。

北海道では年明けは−10℃以下まで気温が下がるところが多くなります。家を離れる場合は水道管の水抜きや微量の通水、不凍液の注入で水道管等の凍結や破裂を防止するようご注意ください。

>>10日先までの天気・気温の予想

満月や流星群など天体イベント満載

年末年始は、30日(水)には満月、1月3日(日)には「しぶんぎ座流星群」の極大など、夜空を彩る現象も到来します。

冬型の気圧配置では関東など晴れるところもあります。天気の落ち着いているところでは、雪山登山並みの万全の防寒をした上で天体観測を楽しむのも良さそうです。
>>1月3日はしぶんぎ座流星群のピーク

関連記事