WORLD
2021年01月13日 10時18分 JST

イギリス、新疆ウイグル自治区での強制労働に関係した商品を国内から排除へ 中国は反発か

イギリスのラーブ外相は「人権侵害の産物が英国のスーパーの棚に並ぶことがないようにする」と述べた。

AFP=時事
イスラム教徒の少数派ウイグル族らを収容して再教育する施設とみられる建物(中国・新疆ウイグル自治区アクト)

英国、ウイグル強制労働関係の商品排除へ 中国は反発か

 英国政府は12日、新疆ウイグル自治区での強制労働に関係した製品を英国内から排除する、と発表した。原材料の調達網から強制労働を排除していることの証明を企業に求める方針。ウイグル族への人権侵害には国際的な批判が高まっており、これを否定する中国側は反発しそうだ。

 ラーブ外相はこの日の英議会で、ウイグル族への人権侵害について、現地を訪れた外交官の報告などから裏付けがあるとして「規模と深刻さは本当に悲惨な状況だ」と指摘した。「英国には対応する道徳的義務がある」とし、「人権侵害の産物が英国のスーパーの棚に並ぶことがないようにする」と述べた。

(朝日新聞デジタル 2021年01月13日 09時26分)

関連ニュース