NEWS
2021年01月23日 18時34分 JST | 更新 2021年01月23日 18時52分 JST

危ない雪道、転ばないように歩くコツは?

小さな歩幅で歩く、靴の裏全体をつけて歩く、滑りにくい靴底を選ぶなど。雪道や凍結した道を歩くときの注意点をまとめています。

Getty Images
イメージ写真

雪が降ると不安なのが、雪道を歩くこと。気温が下がると、路面凍結の恐れもあります。転倒し事故につながる可能性もあり、雪道を歩くときは、十分な注意が必要です。

どんな点に注意すればいいのでしょうか。 

 

雪道を歩くときの注意点は?

ウインターライフ推進協議会」が配布する冊子「ころばんっ」では、以下のように注意点がまとめられています。

 

①小さな歩幅で歩く

「ころばんっ」より

 

②靴の裏全体をつけて歩く

「ころばんっ」より

 

③急がず、焦らず、ゆっくり歩く

「ころばんっ」より

 

滑りにくい靴底を選びましょう

雪道を歩く時は、ピンや金具付き、深い溝のある靴底がおすすめです。(状況によっては、ピン・金具付きや深い溝の靴底でも滑りやすいため、注意が必要です。)

また、さまざまな路面に有効な柔らかいゴム底、滑り止め材入りのゴム底も、持っていると便利だそうです。

「ころばんっ」より
「ころばんっ」より

 

歩行時に注意するべき場所は?

「ころばんっ」より

「ころばんっ」では、以下のような場所に注意するよう呼びかけています。

 

①横断歩道

「ころばんっ」より

 

②ロードヒーティングの切れ目、マンホールのある場所

「ころばんっ」より

 

③地下鉄駅や地下街からの出口付近

「ころばんっ」より

 

④車の出入りのある歩道

「ころばんっ」より

 

⑤バスやタクシーの乗降場所

「ころばんっ」より

 

⑥タイル張りの地下街や店内の出入り口

「ころばんっ」より

特に都心で気をつけたいのが、駅の階段、タイル張りの通路、電車内の床など。ツルツルとしており、濡れていると大変滑りやすいです。

ついつい家路を急いだり、油断をしていると、ツルっと滑ってしまう...なんてことになりかねません。

 

急いだり両手をふさぐのはNG

「ころばんっ」では、以下のような状態で雪道を歩くと転倒のリスクが上がるとして、注意も呼びかけています。

・急いでいる

・ポケットに手を入れて歩く

・両手がふさがっている

・何かに気を取られている

・雪道に合わない靴を履いている

・お酒を飲んでいる

東京消防庁によると、毎年12月から3月までの期間は、積雪や凍結路面により滑って転倒する事故などによる救急事故が多くなるといいます。

過去5年間で1183人が転倒事故で救急搬送されており、積雪の多かった2017年12月から2018年3月の間には、895人もの人が救急搬送されました。

クッション材が使われた保護帽や、転倒した時に下半身への衝撃をやわらげる保護プロテクターのほか、身体を支える杖などの転倒防止用具もあります。

心配な方は、転倒防止グッズを使うようにしましょう。