NEWS
2021年02月03日 20時49分 JST

田村淳さん聖火ランナー辞退。理由は森喜朗会長発言 「人の気持ちをそぐ」「ちょっと理解不能」

辞退の理由は、森喜朗会長の発言だと説明した。

時事通信社
田村淳さん

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんは2月3日、公式YouTubeチャンネルで公開した動画で、東京オリンピックの聖火ランナーを辞退することを発表した

田村さんは愛知県・犬山市を走行予定だったが、すでに事務所を通じて辞退の意向を事務局に伝えたという。

辞退の理由は、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の発言だと説明した。

「『オリンピックはコロナがどんな形であっても開催するんだ』という、ちょっと理解不能な発言をされていらっしゃいました」

「聖火ランナーをやると人が集まるからという理由で、タレントは田んぼに聖火を持って走ることをですね、森さんは推奨されていたんですけど。こういう発言、冗談なのか何なのか分かりませんけども、ポロッとしてしまうというところが昔から森さん変わってないなと思いますし、こういうところが人の気持ちをそぐというか、僕はどうしても同意しかねる」。また、森会長の発言については「田んぼをやっている農家の方にも失礼」と指摘した。

ランナーに任命されたことへの感謝を口にした上で、「聖火ランナーは辞退させていただこうと思っております」と宣言した。

なお、東京オリンピック・パラリンピックの開催自体についても、新型コロナの感染が続く中、「延期」を望む立場だと説明した。

「オリンピックを開催することは願っていますけども、延期派です。いずれまたオリンピックがこの東京で開催されることも強く願ってます」とした上で、まずは「新型コロナの終息」が優先だと意見を述べた。

 

森会長「女性っていうのは競争意識が強い」などとも発言

森会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性の理事を増やしていく場合は、発言時間をある程度、規制をしないとなかなか終わらないので困る」「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」などと発言した

これについてもネット上などで批判の声が広がっている。