NEWS
2021年02月21日 10時11分 JST

ラグビー・福岡堅樹選手、順天堂大学医学部に合格。「多くの方々の助けがあって成し遂げられた」

福岡堅樹選手は、2019年のラグビー・ワールドカップ日本大会で、日本代表バックスの切り札としてチームの8強入りに貢献した。

朝日新聞社
後半、独走しトライを決めるパナソニックWTB福岡=林敏行撮影

ラグビー福岡堅樹、順大医学部に合格「多くの助けで…」

 2019年のラグビー・ワールドカップ日本大会で日本代表バックスの切り札としてチームの8強入りに貢献したパナソニックのWTB福岡堅樹(28)が20日、自身のツイッターで、順天堂大学医学部に合格したことを発表した。「この挑戦は、本当に多くの方々の助けがあって成し遂げられたと思います」と記した。

 福岡は医師を目指し、1年延期となった東京五輪の7人制代表入りを諦め、今季のトップリーグで現役引退すると表明していた。この日はトップリーグ開幕戦となるリコー戦に出場し、トライを挙げた。

(朝日新聞デジタル 2021年02月20日 19時06分)

関連ニュース