アートとカルチャー
2021年02月28日 16時41分 JST

嵐は「最後の24時間」何を思っていたのか。Netflixドキュメンタリー『Voyage』最終話がついに配信

「ARASHI’s Diary -Voyage-」の最終話24話では、活動休止前最後のライブに密着。2020年の公演からダイジェストムービー2本も公開されました。

Netflix提供
「ARASHI’s Diary -Voyage-」Netflixにて全世界独占配信中

Netflixで配信されている嵐のドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の最終話24話が2月28日午後5時に配信スタート。2019年12月31日に配信された第1回以降、毎月配信してきた本作が、ついにフィナーレを迎える。

本作では、活動休止の発表以前から、約2年にわたり嵐に独占密着。

第24話のタイトルは「We are ARASHI」。嵐の「Voyage」の終着点として活動休止前最後の無観客生配信ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を軸に、開催までの約半月、そして当日ライブを終えた直後の姿まで、「5人の最後の“日記(記録)”」をドキュメンタリーとして撮影。リハーサルの日々から、ゲネプロのステージ、そして会場入りしてから開演するまで、5人は何を思うのか、その様子をとらえている。

また、嵐のオフィシャルYouTubeチャンネルでは、「ARAFES 2020 at NATIONAL STADIUM」(2020年11月3日配信)と「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のダイジェストムービーも公開された。