NEWS
2021年03月01日 14時00分 JST | 更新 2021年03月01日 14時00分 JST

災害時に便利なTwitterの機能は?知っておきたい4つのポイント【#Twitter防災】

最新の災害情報を手に入れる方法は?停電時にスマホの充電を長持ちさせるには?災害前に知っておきたい、Twitterの機能などを紹介します。

東日本大震災からまもなく10年。災害時に効率的に情報を集めるために、事前に知っておくべきことは?災害が起こった時に役立つTwitterの機能や、停電時にスマホを活用する上での留意点などをまとめた画像が3月1日、公開された。

作成したのは、一般社団法人「FUKKO DESIGN」、認定NPO法人「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)」、Twitterの3社。

画像が紹介する、「#Twitter防災」の4つのポイントとは。

 

1.事前にできるTwitterの備え

災害時に正しい情報にすぐにアクセスできるよう、事前に準備しておくことが大切だ。

▽役立つアカウントをフォローしておこう

気象庁や国交省などのアカウントをフォローしておく。

▽リストを作ろう

複数のアカウントをまとめて管理できる「リスト」の機能を使うと便利だ。災害時に見たいアカウントを集めたリストを作っておくことで、スムーズに情報収集ができる。

▽プッシュ通知を設定しよう

特定のアカウントのツイートを見逃したくない場合、「プッシュ通知」の設定をしておく。

提供:FUKKO DESIGN
事前にできるTwitterの備え

 

2.災害発生時のTwitterの使い方

災害時に活用できる、Twitterの機能にはどんなものがある?

▽タイムラインの表示を「最新」順に設定

▽情報収集用のリストを固定しよう

1.で紹介した「リスト」機能で作った災害時用のリストを固定。チェックが簡単になる。

▽「#救助」でツイートを

救助要請をする場合、まずは119番に電話をしよう。電話が通じない時は、Twitterで「#救助」とツイートし、自分の現在地を特定できる情報を必ず書き込む。救助されたら、報告のツイートをして、救助要請のツイートは削除しよう。

▽災害時のリツイートは慎重に

災害時にはデマが拡散されやすく、混乱を招くこともある。リツイートする場合は、誤った情報を拡散しないよう慎重に判断する。

提供:FUKKO DESIGN
災害発生時のTwitterの使い方

 

3.Twitter以外の情報収集の手段

目的に応じて、Twitter以外の方法で災害情報を入手できるよう備えておこう。

▽防災アプリをダウンロード

▽自治体サイトをブックマーク

Twitterのアカウントを持っていない自治体もある。居住する自治体のサイトをブックマークしておこう。

▽電話以外の連絡手段を確認

電話が通じない時に備えて、LINEやそのほかのSNSなど、家族と連絡をとる手段を事前に確認しておこう。

▽スマホの緊急速報をオンに

緊急地震速報などを受信できるよう、設定しておく。

▽災害時は無料Wifiが使える

公共施設やコンビニの近くで無料Wifiが使えるようになる、と知っておきたい。

提供:FUKKO DESIGN
Twitter以外の情報収集の手段

 

4.スマホの停電対策

停電した場合、復旧までに数日かかる可能性もある。スマホの充電がなくなると情報収集が困難になるため、充電対策をしておくことが重要だ。

▽モバイルバッテリーを持ち歩く

ソーラーパネル付きバッテリーや、乾電池式バッテリーなどを日頃から持ち歩くようにすると安心だ。

▽車のガソリンを満タンに

停電時でも車でスマホなどの充電ができる。

▽省エネの工夫を

低電力モードを設定する、画面の明るさを落とす、使わないアプリを消すなど、できる限りスマホの電力の消費量を減らす工夫をしよう。

▽公衆電話の活用を

公立小学校やコンビニの近くには、災害時に無料で利用できる「特設公衆電話」が設置されているところがある。スマホが使えなくなった時のために、設置場所を事前にチェックしておくこともおすすめだ。

提供:FUKKO DESIGN
スマホの停電対策

壁に貼ったり、印刷して携帯したりできるよう、「FUKKO DESIGN」は「#Twitter防災」のPDFデータを公開している