NEWS
2021年03月03日 18時50分 JST

12人の女性理事はだれ?高橋尚子さんらが新たに選出。組織委の「女性比率」が40%超に(一覧)

評議員会では、理事数の上限を10人増やして「45人以下」とする定款変更が決定。現職33人は留任し、理事会が推薦した候補12人が選出された。

時事通信社
高橋尚子さん

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は3月3日、理事数の上限を増やした上で、五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さんら女性12人を選出したと発表した。

きょう開かれた臨時評議員会で決議された。

新たに理事に選出されたのは、高橋尚子さんやパラリンピックアルペンスキー金メダリストの大日方邦子さんといったアスリート、スポーツマネジメントやジェンダーの専門家、アイヌ関係者ら。

12人の女性理事は以下の通り。

敬称略、()内は発表された主な肩書き。

大日方邦子(一般社団法人日本パラリンピアンズ協会会長、パラリンピックアルペンスキー金メダリスト)

 

齋木尚子東京大学公共政策大学院客員教授、日本スケート連盟副会長)

 

佐々木かをり株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長) 

 

白石弥生子東京都障害者スポーツ協会会長)

 

白波瀬佐和子東京大学大学院人文社会系研究科教授)

 

高橋尚子日本オリンピック委員会理事、シドニー五輪マラソン金メダリスト)

 

芳賀美津枝登別アシリの会代表

 

林いづみ桜坂法律事務所パートナー弁護士)

 

日比野暢子桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部教授)

 

籾井圭子日本オリンピック委員会常務理事)

 

矢野晴美国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター副センター長

 

來田享子中京大学スポーツ科学部教授)

評議員会では、理事数の上限を10人増やして「45人以下」とする定款変更が決定。現職33人は留任し、理事会が推薦した候補12人が選出された。

これにより、女性理事の比率はこれまでの約20%から42.2%(45人中19人)になったという。

橋本聖子会長は3月3日、評議員会後に報道陣の取材に応じた。

人選の理由について「多様性と調和、ジェンダー平等、さまざまな角度からご意見をいただける方に参画してもらうため、このような人選に至った」と説明。

アイヌ関係者の選出経緯を問われると「日本として、アイヌ民族の伝統・文化は素晴らしいレガシーになると確信している。世界に発信することがより多様性と調和になると思い人選した」と述べた。

理事数が多すぎるという指摘に対しては「数を増やせばいいというわけではないが、比率を40%にあげることで、スポーツ界や社会全体が一つの発信をする上で大きな影響になる。大事なのは何をするかだ」と述べた。

森喜朗前会長の女性蔑視発言を受けて、橋本新会長は組織委の女性理事比率を40%にすると掲げていた。