NEWS
2021年03月05日 16時25分 JST

韓国軍から除隊になったトランスジェンダー女性、遺体で見つかる

ピョン・ヒスさんは復職を求めて活動。韓国の国家人権委員会は2020年12月、軍の決定を不当とし、ビョンさんの復職を勧告していました。

Im Yeongsik
イメージ

韓国の軍隊に入隊後、性別適合手術を受けたために除隊処分となったトランスジェンダー女性が、自宅で亡くなっているのが見つかった。CNNなど海外メディアが伝えた。

遺体で見つかったのはピョン・ヒスさん。CNNによると、3月3日、ソウル南部の自宅で救急隊員に発見されたという。死因は明らかにされていない。

ピョンさんから相談を受けていた地元の精神保健施設が、2月28日以降連絡が取れなかったため通報したという。死後数日経っていたとみられる。

 

「この国を守るために役立つ優秀な兵士であることを示したい」と訴えていた

ニューヨークタイムズBBCによると、ピョンさんは入隊後の休暇中に性別適合手術を受けたことで、2020年1月に除隊となった。性別適合手術を受けたことで審査会にかけられた韓国で初めての軍人だったという。

除隊後の記者会見では、韓国では性的マイノリティに対する「根深い不寛容さ」があると指摘。「性的アイデンティティに関係なく、この国を守るために役立つ優秀な兵士であることを示したい」と涙ながらに訴え、復職を求めて活動していた。請願が却下されたため、除隊は違法であると軍を訴える訴訟の準備を進めていたという。

韓国の国家人権委員会は2020年12月、軍の決定を不当とし、ビョンさんの復職を勧告している。