NEWS
2021年04月08日 14時40分 JST

小室圭さん「結婚に対する思いに変わりはありません」 文書公表は2019年以来

今回文書を出すことにした理由について、「金銭トラブルと言われている事柄に関する誤った情報をできる範囲で訂正する」こととしている。

朝日新聞社
眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、東京・元赤坂、代表撮影

小室圭さん「結婚に対する思いに変わりない」 文書公表

 秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが8日、週刊誌などで報道されてきた母親と元婚約者男性の金銭トラブルについて説明する文書を、代理人弁護士を通じて公表した。小室さんが文書を出すのは2019年以来で、金銭トラブルについて「もらったものだから返済しなくてよい」という主張はしていないとした上で、「結婚に対する思いに変わりはありません」と記した。

 小室さんは今回文書を出すことにした理由について、「金銭トラブルと言われている事柄に関する誤った情報をできる範囲で訂正する」こととしている。そう考えた経緯は、昨年11月に秋篠宮さまが、トラブルへの対応が「見える形になるというのは必要なことではないか」と述べたこと、同月に元婚約者の主張の記事が週刊誌に掲載されたことがきっかけという。

 その記事中で、「小室家が一貫して元婚約者から受け取った金銭は『借金ではなく贈与だから解決済み』と主張してきた」とされていることなどについて、小室さんは「事実ではない」と主張。小室さんは今後も、元婚約者とお互いの認識を話し合い、理解を得た上での解決を目指しているという。

(朝日新聞デジタル 2021年04月08日 13時50分)

関連ニュース