アートとカルチャー
2021年04月19日 10時23分 JST | 更新 2021年04月19日 15時42分 JST

東京ディズニーランドで昼のパレード『ドリーミング・アップ!』が再開へ。“コロナ禍以前”の状況に、また一歩近づく

『ドリーミング・アップ!』が公演再開へ。東京ディズニーランドで昼の時間帯に行われてきたレギュラーパレード。ファンからも喜びの声が寄せられている。

時事通信社
東京ディズニーランドの昼のパレード「ドリーミング・アップ!」(※撮影は2018年4月10日。来園者の集客や演出方法などは現在の状況とは異なります)

長らく公演休止となっていた東京ディズニーランドの昼のパレード『ドリーミング・アップ!』が4月19日から再開されることが公式サイトで発表された。これに伴い、『ミッキー&フレンズのグリーティングパレード』は公演を休止する。

発表後のTwitterでは「ドリミ再開」が日本のトレンドになるなど、たちまち話題となっている。

東京ディズニーランド・シーでは、コロナ禍以前から行われてきた通常のエンターテイメントプログラムが公演再開となる動きが徐々に出てきている。

「ドリーミング・アップ!」とは?

再開される『ドリーミング・アップ!』は、東京ディズニーランドの開園35周年を迎えた2018年から期間限定のスペシャルイベント期間などを除き、主に昼間の時間帯にレギュラー公演されてきたプログラム。

ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが登場するパレードだ。夜に実施される『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ』(現在は公演休止中)とともに人気が高い。

同パレードは新型コロナウイルス感染拡大の影響で長らく休止となっており、昼間の時間帯は『ミッキー&フレンズのグリーティングパレード』が実施されてきた。

公式サイトによると、「健康と安全のための対策として演出方法の一部を変更」して公演を再開するという。

 
東京ディズニーリゾート公式サイトより
ドリーミング・アップ!

主要プログラムのほとんどは休止中だが...

引き続くコロナ禍で、東京ディズニーランド・シーでは主要なエンターテイメントプログラムが2021年4月以降も公演中止となっている。

4月19日午前時点で公式サイトで休止と発表されているのは、それぞれ以下の通り。

《東京ディズニーランド》

レッツ・パーティグラ!

ミッキーのレインボー・ルアウ

ホースシュー・ラウンドアップ

ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ “ミッキー&カンパニー”

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ

ジャンボリミッキー!

 

《東京ディズニーシー》

マイ・フレンド・ダッフィー

ソングオブミラージュ

 

《東京ディズニーランド・東京ディズニーシー共通》

ディズニー・ライト・ザ・ナイト(夜の花火)

一方、コロナ禍以前から行われてきた通常のエンターテイメントプログラムが公演再開となる動きも徐々に出てきている。

東京ディズニーシーでは休止されていた人気のプログラム『ビッグバンドビート』が4月1日から再開。健康と安全のための対策を施し、演出と構成を一部変更し公演が行われている。

Twitterでは「BBB(ビックバンドビート)に続き、ドリーミング・アップも再開!徐々に元のパークに戻りつつあってうれしい」などと喜ぶ声も寄せられている。