NEWS
2021年05月12日 13時28分 JST | 更新 2021年05月12日 17時06分 JST

大谷翔平選手が「実質三刀流」と話題に。もう凄すぎて、実況アナも思わず笑うしかない【動画】

投手として88球を投げてから、平然とライトの守備へ。「相変わらずマンガみたいな活躍」と反響

時事通信社žŽ–
アストロズ戦で力投するエンゼルス先発の大谷翔平選手

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が「実質三刀流」だと話題となっている。

5月11日(日本時間12日)のアストロズ戦に「2番・投手」として先発出場したエンゼルスの大谷選手が、降板後の8回からライトの守備についた。

この日の躍動ぶりは現地メディアでも紹介された。

時事通信社žŽ–
アストロズ戦の1回、セカンドゴロに倒れたエンゼルスの大谷翔平選手

今シーズン3度目となる投打の2刀流での出場となった大谷選手。投げては、今季最長となる7回を4安打1失点10奪三振と好投した。

しかしこの日、野球ファンを湧かせたのは降板後の対応で、8回からそのままライトの守備についた。

FOXスポーツは公式ツイッターで、守備につく大谷の動画を投稿。「Amazing.(アメージング)」と添え、「今夜88球を投げた後に、大谷は外野手として試合に出続けています」とつづった。

実況を担当するアナウンサーも思わず「ハッハー!」と声をあげながら意気揚々と笑った。

MLBニュースサイトのCut4は、ライトを守る大谷選手の写真をTwitterに投稿。これをMLBの公式サイトがリツイートし、ファンらに広く知れ渡った。

チームは1-5でアストロズに敗れたが、見せ場を作った。

日本のメディアも「大谷翔平 三刀流!」などの見出しで大谷選手の活躍を紹介。

Twitterでは「投げて打って、降板して守備。これ実質三刀流じゃん」「衝撃的すぎる」「疲れを知らない」「相変わらずマンガみたいな活躍」「三刀流とか、まるでワンピースのロロノア・ゾロじゃん」などと様々な声があがった。

大谷選手は4月24日のアストロズとの試合でも外野(レフト)の守備についていたが、この日は「2番・DH(指名打者)」での出場で、投手としてではなかった。

投げて、打って、さらに「守る」。大谷選手の活躍にファンの心は踊っている。