NEWS
2021年06月06日 12時05分 JST

9歳男児が車を運転 パトカー3台で追跡中に衝突事故、女性が軽傷

事故の直前、男児の母親が「子どもの姿が見えない。車と車の鍵もない」と通報していたといい、盛岡東署が経緯を調べている。

朝日新聞社
事故現場となった北山トンネル南口交差点=2021年6月5日午後11時49分、盛岡市北山、奈良美里撮影

9歳男児が車を運転 パトカー3台で追跡も、女性が軽傷

 5日午後5時35分ごろ、盛岡市北山の国道4号交差点で、乗用車が赤信号で停止中の軽乗用車に衝突した。乗用車を運転していたのは同市の男児(9)。盛岡東署によると、パトカーに追跡されていたところ、事故を起こしたとみられている。軽乗用車に乗っていた同市の30代女性が首に軽傷を負った。

 同署によると、事故の10分ほど前に「子どもが車を運転している」と通行人から110番通報があった。同市上堂の交差点付近で乗用車を発見したパトカーが3台で追跡したところ、乗用車は時速20~30キロで走り続け、北山の交差点で前方の軽乗用車に衝突。押し出された軽乗用車は別の車にぶつかった。

 事故の直前、男児の30代の母親が「子どもの姿が見えない。車と車の鍵もない」と通報していたといい、同署が経緯を調べている。

(朝日新聞デジタル 2021年06月06日 00時42分)

 

関連ニュース