NEWS
2021年06月16日 14時14分 JST | 更新 2021年06月16日 17時23分 JST

大谷翔平選手の18号HR、打球速度が速すぎて実況もただ笑うしかない。直後の一言が凄さを物語る【動画】

凄すぎるホームランに、ファンからは「もうなんか、ロケットじゃん」の声も。

時事通信社
18号ホームランを放った大谷翔平選手

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が日本時間の6月16日、敵地オークランドで行われたアスレチックス戦に2番・DHで出場し、第4打席に18号ホームランを放った。

この一打でアメリカンリーグの本塁打数ランキングで2位タイとなったが、実況アナウンサーやファンが驚いたのは、ホームランのクオリティだった。

打球速度が早過ぎて実況アナと解説も「あ然」

試合の中継を担当する放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」は、Twitterに大谷翔平選手の18号ホームランの動画を投稿。

実況アナウンサーと解説者は、大谷選手のバットにボールが当たった瞬間にホームランを確信。

しばらく2人で感嘆した様子で声をあげながら、圧倒的な打球にただ笑うしかなく、その後は「very beautiful(とても美しいホームランだ)」と称賛した。

驚くのもまったく無理はない。大谷が放った18号ホームランは飛距離が131mで、打球速度は187km/hに達していたという。

ちなみにMLBによると、大谷選手はこの18号ホームランで115mph(185km/h)以上の打球速度で放ったホームランが今季3本目。 これはヤンキースのスタントン選手の4本に続く現在メジャー2位の記録だ。

ファンからはTwitterで「何がすごいって打球速度だよね」「もうなんか、ロケットみたい。このホームラン」「惚れ惚れする弾道」「これで投げるんだよね?」などと多くの声が寄せられていた。

大谷選手は7月に開催されるMLBオールスターゲームのファン投票の中間発表で、アメリカンリーグの「DH(指名打者)」部門で他の候補を圧倒し1位となっていて、名物「ホームランダービー」への出場にも期待がかかる。