NEWS
2021年06月20日 12時47分 JST | 更新 2021年06月20日 13時13分 JST

伸び放題の毛をカットしたら、かわいいシーズーが現れた。迷子の犬をアメリカの団体が保護

2時間以上をかけて3キロもの毛を取り除いたという。

米ミズーリ州カンザスシティの動物保護施設「KCペットプロジェクト」が迷子の野良犬を保護し、伸び放題となっていた毛を取り除く様子を紹介した動画が話題を呼んでいる。 

 

KCペットプロジェクトはこの犬を「サイモン」と名付けた。11歳のシーズーだという。

CNNによると、サイモンは雑木林付近で見つかった。発見者は何の動物なのか自分たちでは判別ができず、KCペットプロジェクトに連絡した。飼い主の元から逃げたのかなどは分かっていないという。

KCペットプロジェクトの獣医チームが2時間以上をかけて、バリカンやハサミを使って毛をカットした。取り除いた毛は3キロほどに及んだ。動画によると、当初は体中がからまった毛に覆われていて表情も見えなかったが、毛を取り除くと、愛くるしい表情が見えた。

サイモンは肌の調子は良いが、痩せていて、歯科手術を受ける必要があるという。

KCペットプロジェクトのTikTokには、サイモンが尻尾をふって元気そうに歩く姿も投稿された。 

 

 

KCペットプロジェクト
毛をカットされた後のサイモン

 

 

サイモンの体調がより良くなることを願う声や「サイモン、愛している!」といったコメントが寄せられている。 保護施設には、サイモンを引き取りたいという希望が寄せられているという。