アートとカルチャー
2021年07月01日 15時14分 JST

ゲイの仲良しおじいちゃんたち、メッセージが力強い「誇りを持ってここにいる」【動画】

「The Old Gays」のTikTokのフォロワー数は140万人。ゲイであることをオープンにし、誇りを抱いているとはっきり語る動画は多くの人に勇気を与えている。

ゲイのシニア男性4人組「The Old Gays」の動画が、SNSで一躍人気になっている。

4人は60〜70代のゲイで、カリフォルニア州カテドラルシティを拠点に活動。主にTikTokで動画を配信し、フォロワー数は140万人に上る。

メンバーは、ロバートE.リーブスさん、ジェシー・マーティンさん、ビル・ライオンズさん、マイケル『ミック』ピーターソンさん。

 

特に反響を呼んでいるのが、バーガーのチェーン「シェイクシャック」が6月のプライド月間に合わせて販売した商品「プライドシェイク」を紹介したPR動画だ。シェイクの売り上げの一部は、LGBTQの若者の自殺防止に取り組む団体に寄付される

動画の中で、4人は若き日の写真を示しながら、当時抱いていた葛藤や親とのエピソードを振り返る。その上で、今の自分を誇りに思っているとの強いメッセージを発信した。

「若い頃、父はいつも私のことをアウティングしようとしていました。そして今、私はここにいます。この上なく自由で、誇りを持ち、そしてゲイです」(ライオンズさん)

「大学生の時、父が突然亡くなり、未来が分からなくなりました。でも今、私はここにいます。78歳で、誇りを持って、こうして順調に過ごしています」(リーブスさん)

「若い頃は、母にカミングアウトすることがとても怖かったです。でも勇気を出して伝えたら、母は自分らしくいるよう励ましてくれました。そして今、私はここにいます」(マーティンさん)

「これは20歳の時の私です。初めてプライドパレードに参加する1年前でした。当時は自分が誰なのか、わかりませんでした。そして今、55回目のプライドパレードを終え、私は自分が誰なのかはっきりわかっています」(ピーターソンさん)

動画のTikTokでの再生回数は280万回を超え、話題を呼んでいる。

「The Old Gays」は他にも、見ていると思わず笑顔になるような動画をTikTokに投稿している。

「最もゲイな場所はどこ?」という質問に、「ディズニーランド」と切り返す動画は380万回以上再生された。

 

SNSで急激に人気を博していることについて、ライオンズさんは、TODAYのインタビューに「77歳にもなって、こんなことが自分の身に起こるとは思いもしませんでした。全く非現実的です」と驚きを隠さない。

リーブスさんは、特に若い世代から支持が集まる理由を、「歳をとること、特にゲイとして歳を重ねることを、恐れなくなったということでしょう。私たちがこの歳になっても人生を楽しんでいるのを見ると、希望が持てるのです」と述べた。

ピーターソンさんは、「私たちが経験したことを正直に話しているのを見て、その経験を自分自身に置き換えて、教訓として受け取ったり、一緒に笑ってくれたりすることを願っています」と呼びかけた。