NEWS
2021年07月19日 10時01分 JST

五輪反対55%、安全安心の大会「できない」68%【朝日世論調査】

コロナ禍での開催への不安が賛否に影響しているようだ。

朝日新聞社
【グラフ】五輪開催の賛否

五輪反対55%、安全安心の大会「できない」68% 朝日世論調査

 17、18日に朝日新聞社が実施した世論調査(電話)で、この夏に東京五輪・パラリンピックを開くことの賛否を聞くと、賛成33%で、反対55%の方が多かった。菅義偉首相が繰り返す「安全、安心の大会」には「できない」が68%に上り、コロナ禍での開催への不安が賛否に影響しているようだ。

 五輪・パラリンピックが「安全、安心の大会」に「できる」は21%にとどまった。内閣支持層では「できる」が46%で、「できない」の41%をやや上回ったが、不支持層では「できる」7%に対し、「できない」が87%に達した。

 開催の賛否を男女別にみると、女性は賛成26%、反対59%、男性は賛成41%、反対51%。すべての年代で反対が賛成を上回った。開催地の東京では賛成30%、反対58%だった。支持政党別では、自民支持層は賛成51%、反対40%と賛成の方が多かった。無党派層では賛成25%、反対60%だった。

(朝日新聞デジタル 2021年07月19日 08時40分)

関連ニュース