NEWS
2021年07月23日 23時46分 JST | 更新 2021年07月26日 15時45分 JST

大坂なおみ選手、開会式の最終聖火ランナーの大役を務める【東京オリンピック】

開会式の「最終聖火ランナー(最終点火者)」として、大役を務めました。

Laurence Griffiths via Getty Images
TOKYO, JAPAN - JULY 23: Naomi Osaka of Team Japan lights the Olympic cauldron with the Olympic torch during the Opening Ceremony of the Tokyo 2020 Olympic Games at Olympic Stadium on July 23, 2021 in Tokyo, Japan. (Photo by Laurence Griffiths/Getty Images)

7月23日午後8時から始まった東京オリンピックの開会式で、テニスの大坂なおみ選手が聖火台に火を灯す「最終聖火ランナー(最終点火者)」を務めた。

開会式では複数の聖火ランナーがトーチを持ちながら競技場内をリレー形式で走り、アンカーを託された大坂選手が聖火台に火を灯した。

開会式の「最終聖火ランナー」はテニスの大坂なおみ選手

大坂選手は、女子テニスの日本代表として東京五輪に出場する。ハイチ出身の父と日本人の母の間に大阪で生まれ、3歳からアメリカに移住。高速サーブと持ち前の力強いストロークを武器に、2018年全米オープンで日本人選手として初優勝。

以降も2019年の全豪オープン・2020年全米オープン・2021年全豪オープンと、4年連続でいわゆる「4大大会」を優勝したが、2021年の全仏オープンを2回戦で棄権。その理由として、2018年からうつを抱えていたことを公表していた。

東京オリンピックについては、6月に出場権を獲得すると出場を決めた。

開会式の「最終聖火ランナー」をめぐっては、誰が務めるかに注目が集まり、ネット上やテレビなどで様々な予想が立てられていた。 

東京オリンピックの開会式は、7月23日午後8時から国立競技場で開かれている。