TOKYO 2020
2021年07月23日 21時35分 JST | 更新 2021年07月23日 21時59分 JST

「世界規模のドラフト会議」。東京オリンピック開会式、「あの人」の日本語アナウンスに野球ファン騒然

「ドラフト会議かと思ったらやっぱりドラフト会議だった」「世界規模のドラフト会議に思えてしまう」などと反響が相次いだ。

時事通信社
開会式で花火が打ち上げられる中、披露されたアトラクション

7月23日に開かれている東京オリンピックの開会式で、野球ファンの関心が意外なところに向いている。選手入場で、日本語の国名などをアナウンスする声が「ドラフト会議の人だ!」と話題になっているのだ。

そう、スポーツ報知などによると、開会式の日本語アナウンスを務めるのはフリーアナウンサーの関野浩之さん。毎年秋のプロ野球ドラフト会議の司会役で知られ、「第一巡選択希望選手、東京ヤクルト...」など野球ファンならだれでも手に汗握る瞬間の声を担当しているのだ。 

開会式を見ていた野球ファンたちは早くも関野さんの声に気づき、Twitterでは「ドラフト会議かと思ったらやっぱりドラフト会議だった」「世界規模のドラフト会議に思えてしまう」などと反響が相次いだ。