NEWS
2021年07月26日 15時59分 JST

失敗しても笑顔で「ありがとう!」。スケートボード・ディダル選手(フィリピン)にSNSが大注目

家族を貧困を救ったというエピソードも。スケートボード女子ストリートでは7位入賞を果たした。

東京オリンピック・スケートボード女子ストリートでは、13歳の西矢椛選手が金メダルを、中山楓奈選手(16歳)が銅メダルを獲得した。快挙を成し遂げた試合で、ネットの注目を集める選手がいる。

7位に入賞したマルジエリーン・ディダル選手(フィリピン)だ。トリックに失敗するシーンもあったが、見せたのは最高の笑顔。競技に向き合う姿勢が絶賛されている彼女は、家族を貧困から救ったというエピソードも持つ英雄だ。

Patrick Smith via Getty Images
マルジエリーン・ディダル選手(フィリピン)(Photo by Patrick Smith/Getty Images)

■家族を貧困から救う

ディダル選手は1999年4月生まれの22歳。フィリピン有数の観光地・セブ島の出身だ。IOC・国際オリンピック委員会の公式サイトに掲載されているコラムによると、ディダル選手がスケートボードに出会ったのは12歳の時。友人から借りたボードに乗ると、夢中になった。いくつかのトリックを教えてもらうと、その日のうちに身につけてしまったという。

父親は大工で母親は露天商。4人のきょうだいを持つディダル選手にとって、最大の障害は貧困だった。初めて大会に出て賞金を手にしたとき、最初に思いついたのは「これでお米が買える」だったという。

今やディダル選手は大会での実績もさることながら、スポンサーも付く有力選手だ。2018年にはTIME誌の「最も影響力のある10代」25人にも選ばれた。レッドブルによると、ディダル選手は競技で得た賞金を家族のために使い、立派な家に引っ越しをさせたという。

そのディダル選手が東京オリンピック決勝で見せたパフォーマンスに、称賛が相次いでいる。複数のトリックで失敗したものの、見せたのは爽やかな笑顔。関係者らが座る観客席へ大きく一礼し、日本語で「ありがとう!」と大きく叫んだ。

日本のSNSでも注目は高まり、「存在だけでスケートボードが好きになる」「本当に素敵な選手」などといった投稿が相次いだ。