アートとカルチャー
2021年08月01日 12時52分 JST

“リアルスポンジボブ”、大西洋で見つかる。相棒パトリック・スターも隣にいた【画像】

君たちはここに住んでたのか...!アメリカ海洋大気庁の海底調査で発見されました。

Victor Chavez via Getty Images
スポンジ・ボブ(右)と親友のパトリック・スター

海底のカメラにとらえられたのはだれ?

それは人気キャラクターのスポンジ・ボブでした。あるいは少なくとも、スポンジ・ボブのドッペルゲンガーと、彼の相棒であるパトリック・スターの生き写しです。

海洋生物学者のクリストファー・マー氏は、水中に棲息する生き物たちの画像をTwitterで投稿しました。

さらに、マー氏は「学名:Hertwigia(海綿)、Chondraster(オニヒトデ)」と追記しました

この画像は、アメリカ海洋大気庁の深海探査のライブストリームから得られたものです。「リアルスポンジボブ」の海綿生物とその隣のヒトデは、大西洋にあるレトリーバー海山で、水深1885メートルのところで見つかりました。

スポンジ・ボブとパトリック・スターは、ニコロデオンのアニメの中では親友として知られています。しかし実生活では、「Chondraster」と呼ばれるヒトデは海綿を食べることで知られる肉食の生き物だと、マー氏はBusiness Insiderに語っています。

この子が海綿の代わりに、(アニメに出てくるバーガーの)クラビーパティを食べてくれることを期待しましょう。

(この記事は、ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました)