NEWS
2021年08月05日 15時49分 JST

広島への原爆投下から76年。被爆後の広島を貴重な画像と振り返る【広島原爆の日】

人類史初の原子爆弾投下。死者の数は現在でも正確には分かっていない。

1945年8月6日午前8時15分、アメリカ軍B29爆撃機「エノラ・ゲイ」が広島に原子爆弾を投下した。2021年で76年となり、核兵器禁止条約が発効してからは初。あの日、何があったのか。当時の貴重な写真たちと振り返る。

AFP=時事
1945年8月6日に広島に原爆を投下した米陸軍の爆撃機B29エノラ・ゲイとその搭乗員たち。中央が機長のポール・ティベッツ大佐。マリアナ諸島(現米自治領北マリアナ諸島連邦)テニアン島の米軍飛行場で撮影。撮影日は不明。エノラ・ゲイは同大佐の母親の名前で、同大佐が広島に向かう前日に書かせたとされる。同機にはこのほか原爆投下担当将校ら5人が乗り組んだ(アリアナ諸島テニアン島)

南太平洋・マリアナ諸島のテニアン島を飛び立ったB29爆撃機「エノラ・ゲイ」。原子爆弾「リトル・ボーイ」を搭載していた。アメリカ軍第509混成部隊の隊長、ポール・ティベッツ陸軍大佐が機長を務めた。

「いま我々が落とそうとしている爆弾は、これまでの爆弾とは違うものだということをよく覚えておいてほしい」。投下当日の訓示は機密保持のため、「原子」や「核」という言葉は一度も使われなかった。

PAUL J.RICHARDS via AFPŽžŽ–
米スミソニアン航空宇宙博物館新館で、報道陣に公開された広島に原爆を投下した「エノラ・ゲイ」の復元機(2003年/アメリカ・バージニア州シャンティリー)

人類史初の原子爆弾投下は8月6日午前8時15分。その直後に起きたことを、広島市はこう伝えている。

原子爆弾は、投下から43秒後、地上約600メートルの上空で目もくらむ閃光を放って炸裂し、小型の太陽ともいえる灼熱の火球を作りました。火球の中心温度は摂氏100万度を超え、1秒後には最大直径280メートルの大きさとなり、爆心地周辺の地表面の温度は3,000~4,000度にも達しました。

爆発の瞬間、強烈な熱線と放射線が四方へ放射されるとともに、周囲の空気が膨張して超高圧の爆風となり、これら3つが複雑に作用して大きな被害をもたらしました。

原爆による被害の特質は、大量破壊、大量殺りくが瞬時に、かつ無差別に引き起こされたこと、放射線による障害がその後も長期間にわたり人々を苦しめたことにあります。

時事通信社
広島原爆の原子雲。投下約1時間後、米軍機が広島南方の倉橋島上空付近から撮影したと推定される(広島県)

広島への原爆投下による死者の数は現在でも正確には分かっていない。広島市によると、当時市内には居住者や軍人ら約35万人がいたとされ、1945年末までに約14万人が死亡したと推計される。爆心地から1.2キロ範囲内では、投下当日のうちにほぼ半分が死亡した。

時事通信社
広島市内の被害(広島)
時事通信社
相生橋東詰の商工会議所屋上から見た被爆した産業奨励館(原爆ドーム)(広島)
米国立空軍博物館調査課提供/時事通信社ŽžŽ–
航空機から撮影された被爆後の広島市街地。原爆投下に使われた爆撃機「エノラ・ゲイ」乗組員3人のサイン(上)や爆心地(中央右の赤い印)が書き込まれている=1946年1月[米国立空軍博物館調査課提供]
AFP=時事
(資料写真=1948年撮影)原爆が投下されて3年後の広島市で、授業を受ける小学生たち(日本・広島)
AFP via AFPŽžŽ–
原爆投下後3年目の1948年に撮影された広島の町。一面の焼け野原にもぼつぼつ家が建てられている。ビルの屋上から2人連れが町を見下ろしている(日本・広島)

2016年には当時のアメリカ大統領、バラク・オバマ氏が広島を訪問した。オバマ氏は平和祈念資料館の芳名録に「私たちは戦争の苦しみを経験しました。共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」と記帳した。

演説では、「私の国のように核を保有する国々は、勇気を持って恐怖の論理から逃れ、核兵器なき世界を追求しなければなりません」と核廃絶を重ねて訴えた。そして、被爆者団体「日本原水爆被害者団体協議会」(日本被団協)の代表委員を務める坪井直氏らと握手をしながら笑顔で会話を交わした。

時事通信社
平和記念公園で演説する米国のバラク・オバマ大統領(当時)
Atsushi Tomura via Getty Images
オバマ大統領(当時)と抱擁する森重昭さん。自身も被爆者で、原爆で亡くなった元米兵捕虜の研究や追悼を続けてきた。