NHK総合、オリンピック閉会式中継を台風9号ニュースに切り替え 「人命優先」と理解の声も

午後9時前に台風9号が九州に上陸。戸惑う声も上がった一方で、NHKの姿勢を理解を示す声も多かった。
NHKのロゴ
NHKのロゴ
時事通信社

NHK総合は午後9時前、台風9号が鹿児島に上陸したことを受けて、午後8時から伝えていたオリンピック閉会式の中継をやめ、台風情報のニュースに切り替えた。

午後8時50分ごろ、閉会式の中継画面上に、台風9号が鹿児島に上陸したことを伝える速報テロップが流れた。その数分後、NHKのオリンピック中継の画面が突如、台風情報を伝えるニュース番組に切り替わった。

閉会式の中継はサブチャンネルに移したほか、総合と同時に閉会式の中継していたEテレでは、そのまま放送が続けられた。

NHK総合は、熊本市内や鹿児島県薩摩川内市と中継を繋いで、現地の様子を報道。避難所の様子や現地の人の声、避難指示が出ている地域などを紹介し、警戒を呼びかけた。

閉会式中継が突然中断され、Twitter上では戸惑う声も上がった一方で、「オリンピックより台風優先して好感が持てる」「人命優先」とNHKの姿勢を理解を示す声も多かった。

午後9時23分ごろ、NHK総合は閉会式の中継に戻した。