NEWS
2021年10月03日 16時55分 JST

サーモンのお寿司に見える謎の生き物、実は深海生物だった。「何度見てもそれ」と反響【動画】

確かにサーモンの握りに見える。いや、見えすぎる...。

『アクアマリンふくしま』より提供
『アクアマリンふくしま』で展示されているウオノシラミ属の一種

サーモンのお寿司...!?いや、改めてよく見てみると「足」が生えている。

だが、どう見ても「それ」にしか見えない...。

この生き物の正体を明かした、福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまのTwitterが話題だ。「寿司にしか見えない」との声が多くあがっている。

寿司にしか見えない謎の生き物、正体は...

話題となっているのは、アクアマリンふくしまが7月30日にTwitterに投稿した動画だ。

公式サイトによると、このサーモンのお寿司のようにも見える謎の生き物の正体は「ウオノシラミ属」の一種で深海生物だという。動画を見ると、わずかに足が動くのみでなかなか動かない。

ハフポスト日本版の取材によると、同館では7月3日から、ウオノシラミ属の一種とヒロメオキソコエビを展示。ウオノシラミ属は深海に住む甲殻類で、展示中の個体は北海道羅臼沖の水深800mから1200mの刺し網漁で漁師が採集したもので、全長は約3cmほど。

同館での「ウオノシラミ属」の展示は初めてで、担当者は「このような形で展示に至るのは大変貴重なケースで、県外からも見物客の方がおります」と話している。

Twitterでは「お寿司に見える深海生物かわいすぎる」「確かにお寿司だ」「何度見てもそれ。サーモンのお寿司」などと声が寄せられていた。

担当者は「注目して頂いて喜ばしく思います。ぜひ、この機会に見物に来ていただければ」と話した。