衆院選2021
2021年10月08日 19時06分 JST

れいわ・山本太郎代表、次期衆院選は東京8区から立候補へ「石原さんにもう一度リベンジ」

10月8日夜、新宿駅南口での街頭演説で表明した。

時事通信社
れいわ新選組の山本太郎代表

「れいわ新選組」の山本太郎代表が10月8日夜、次期衆院選に東京8区から立候補することを表明した。新宿駅南口でこの日行った街頭演説で明らかにした。

衆院東京8区は杉並区の多くが選挙区となり、自民党の石原伸晃元幹事長が1996年以降、連続当選している。

山本氏は2012年の衆院選でも東京8区から立候補しているが、当時は6万票以上の差で敗れていた。

山本氏は「山本太郎が衆議院選挙において立候補する選挙区は、東京の8区になります」と明言。「初めて政治に挑んだのが東京8区でした。その時は(石原氏に)全く届かない数字になりました。強かったんですね、やはり。その石原さんにリベンジ、もう一度やらせていただく」と語った。

東京8区ではすでに立憲民主党などが候補者擁立の準備を進めてきたが、山本氏は野党候補の一本化をめぐり、「立憲側とはすでに話を進めている」「調整があった上で私が立つということ」と述べた。