NHK紅白歌合戦、司会の呼称が統一される。紅組・白組司会→「司会」に。「すべての歌手・アーティストを応援する存在に」

司会者発表とともに注目された点。年末の風物詩も時代とともに変わってきています。
第72回NHK紅白歌合戦の司会を務めることが発表された俳優の大泉洋さんと川口春奈さん
第72回NHK紅白歌合戦の司会を務めることが発表された俳優の大泉洋さんと川口春奈さん
時事通信社

年末の風物詩・第72回NHK紅白歌合戦の司会者が10月29日に発表された。去年に続き2回目となる俳優の大泉洋さんと、今回が初司会となる俳優の川口春奈さんが大役を務める。

今回の発表ではもう1つ注目すべき点がある。これまで「紅組司会・白組司会」「総合司会」などと分かれていた司会の呼称が統一される。Twitterでは「良いと思う」などと反響が広がっている。

変わる紅白、呼称が統一

紅白歌合戦の公式サイトによると、第72回の放送からは、これまで「紅組司会・白組司会・総合司会」と分かれていた司会の呼称を「司会」に統一する。

司会の呼称が変わる
司会の呼称が変わる
NHK紅白歌合戦公式サイトより

「司会は、番組の進行とともに、紅組白組はじめご出演いただくすべての歌手・アーティストを応援する存在になります」と説明されている。

これまでの紅白は、女性アーティストを中心に構成される「紅組」と男性アーティストを中心に構成される「白組」それぞれに司会が立てられる形で、司会を含め、番組の演出上では、いわば“ライバル”的な立ち位置・役回りだった。

それが今後は、司会は全ての出演者の背中を押す存在に変わる。 NHKの和久田麻由子アナウンサーも司会を担当する。

思い出される2019年、MISIAのパフォーマンス

時代の変化とともに、紅白歌合戦のあり方も変わってきている。2019年の第70回では紅組として出演し、歌唱のラストを飾るいわゆる“大トリ”を務めたMISIAさんのパフォーマンスが反響を呼んだ

歌手のMISIAさん
歌手のMISIAさん
Getty Images

MISIAさんはドラァグクイーンのダンサーたちと共演。ステージの演出ではLGBTQのシンボルであるレインボーカラーが華やかに彩りを添え、出演者や観客もレインボーフラッグを持ち、会場全体がまさに虹色に染まった。

当時のLGBTQの人たちへの共感を前面に打ち出したパフォーマンスは大きな反響を呼び、TwitterなどのSNSには様々なコメントが投稿された。

MISIAさんは当時のことを「フラッグをやらせていただいたのは、NHKさんのご理解とご協力もあって。そして出演者で持っていただく方にはフラッグの意味を説明して、それで皆さん分かった上で振って下さいました。「皆さんにちゃんとご理解とご協力をいただけたことは、『みんなで多様性を認め合って』という大きなメッセージにつながったと思います」と振り返っている。