逆さ虹と呼ばれる「環天頂アーク」がこれだ。東京や関東で出現…弓なりの虹色が美しい

環天頂アークが現れる条件とは?
イメージ写真
イメージ写真
ウェザーニュース

今日18日(木)の朝は関東や東海、甲信地方などで薄い雲が広がり、様々な光学現象が現れています。空の高い所には鮮やかな環天頂アークが見られました。

東京都世田谷区では刷毛で描いたような薄雲が広がり、8時半頃には弓なりの虹のようなアークが出現しています。ほかにもハロ(日暈)や幻日などの光学現象が見られた所もありました。
>>〔写真〕各地から届いたアークやハロ

環天頂アークはどう見える?

環天頂アークの見える高さ
環天頂アークの見える高さ
ウェザーニュース

これらの光学現象は、上空の薄雲を構成する氷の粒によって太陽光が内側に曲げられる(屈折する)ことで現れます。

このうち、環天頂アークは太陽の中心から上方46度前後の空の高い所に出現します。弓なりの美しい虹色を描き出すことから、逆さ虹とも呼ばれます。太陽高度が22度前後の時に最もはっきり現れ、日の出の2時間後や日没の2時間前が見えやすい時間帯です。

ハロなどの光学現象が現れた後に、雲が厚みを増すと天気が下り坂に向かうことが多くあります。特に今日は関東でにわか雨の可能性がありますので、今後の空の変化にご注意ください。
» GPS検索 ピンポイント予報