立憲の執行役員「半数を女性に」⇒泉代表、幹事長に西村智奈美氏を起用へ

立憲民主党の新代表に選出された泉健太氏は、「執行役員会のメンバーの半分を女性にする」と掲げている。
(左から)泉健太氏、西村智奈美氏
(左から)泉健太氏、西村智奈美氏
時事通信社

立憲民主党の代表選が11月30日に投開票され、泉健太氏(47)が新代表に選出された。

泉氏は12月1日午後、党本部で記者団に対し、新執行部の人事案を発表。党運営の要となる幹事長に、代表選を戦った西村智奈美氏(54)を起用する意向を表明した。

泉氏は選挙戦で、自らが代表に就任した場合は「執行役員の半数を女性にする」と掲げていた。

11月19日の告示後の共同記者会見では、「私が執行部を構成することができれば、男性、女性を限りなく半々にしていく」と表明。「男性で育ってきた、女性で育ってきた、もちろん性別がさまざまな方がおられるという前提だが、生きづらさがどんなところにあるのかは違うはずだ。多様な視点があるということが大事だ」と語っていた。

11月30日に代表に選出された後の記者会見でも、「『執行役員会の構成メンバーの半分を女性に』ということを打ち出してきた。これを目指して役員構成をしていきたい」と語っている。

立憲民主党の枝野幸男前代表時代の執行役員会の構成メンバーは10人で、以下の通り(代表をのぞく)。

代表代行

代表代行

代表代行

常任幹事会議長

幹事長

政務調査会長

国会対策委員長

組織委員長

企業・団体交流委員長

参議院議員会長

枝野幸男前代表の執行部では女性は10人中2人で、代表代行の蓮舫氏と常任幹事会議長の田名部匡代氏だった。

泉代表が決めた、12月5日時点の執行役員は以下の通り。

(執行役員)
代表代行 逢坂誠二

幹事長 西村智奈美

選挙対策委員長 大西健介

政務調査会長 小川淳也

国会対策委員長 馬淵澄夫

【UPDATE】朝日新聞によると泉健太氏は12月4日、男性6名、女性6名の執行役員を起用する考えを示した。本文の一部を修正しました。(2021/12/5 9:10)

Popular in the Community