生乳が大量廃棄の恐れ⇨老舗洋菓子店が人気プリンやホットチョコのレシピ公開「力になれれば」

コロナ禍で大量の生乳が廃棄される懸念が出ている問題を受け、老舗の「近江屋洋菓子店」がプリンやフレンチトーストのレシピをTwitterでシェアしています。
イメージ画像
イメージ画像
Stefan Tomic via Getty Images

コロナ禍で大量の生乳が廃棄される懸念が出ている問題で、生乳を救うべく「牛乳レシピ」を公開する動きが広がっています。

『バズレシピ』で知られる料理研究家のリュウジさんが、Twitterで『生乳を救いたい。牛乳を使ったバズレシピ集』と題したモーメントを公開

さらに、東京都千代田区にある老舗洋菓子店「近江屋洋菓子店」も12月18日、Twitterで人気の「プリン」のレシピをシェアしました。

《作り方》
⓪材料は室温に戻しておきましょう
①牛乳と砂糖を合わせて70℃程度まで加熱する
②卵と卵黄を入れてまぜます
③濾してバニラエッセンスを加えます
④耐熱容器に入れてバットなどに並べて60℃程度のお湯をバットに三分の一いれます
⑤150℃のオーブンで1時間程度加熱し固まったら完成です!

《ポイント》

※③の際にダマになってもOKです
※⑤の際にアルミホイルなどで蓋をすると綺麗に仕上がります
※火傷にお気を付けください
※牛乳を多く使いたいため生クリームをなくして牛乳を増やしていますので実際に販売しているものとは違います、ご了承下さい

ツイートは12月20日午後6時時点で、4万3000件のいいねを集め、1万8000回以上リツイートされるなど、注目を集めています。

近江屋洋菓子店によると、レシピを公開したのは「お菓子作りに牛乳をはじめとした乳製品は欠かせません。そのため乳製品を生産してくださっている酪農家さんたちが困っているなら微力ながら力になれれば」との思いから。

プリンを作るコツについて、「温度管理が大切です。作る前に材料は室温に戻し、牛乳の加熱温度(70度)や湯煎焼きにいれるお湯の温度(60度)を守ること。アルミホイルなどで蓋をすると綺麗に仕上がります」といいます。

ニュースを見て、「牛乳も牛も自然の物のため管理が難しく、なおかつ、コロナ禍という誰も経験したことがない状況です。足りなくなること、今回のように余剰になることをどちらも危惧してしまい、ちょうどよく生産する難しさは私たちにとっても同じなので、難しい問題だなと思っています」と話します。

フレンチトーストやホットチョコ

プリンは、お菓子を普段作らない人にとっては、ハードルが高いかもしれません。

そんな人に向けて、比較的簡単なフレンチトーストやホットチョコレートのレシピも公開。

近江屋洋菓子店は「気軽にできるレシピを入り口にして、全ての人に料理の楽しさを楽しんでもらえたらいいなと思いました」と話します。

ツイートに反響が広がっていることについて、「びっくりしています。皆様の温かさをとても感じました。本当にありがとうございました」と話します。現在、3つのレシピを公開していますが、もし続編を望む声があればYoutubeにて投稿していくかもしれないそうです。

「牛乳の消費拡大に向けて様々な人が色々と動いています。

弊社のお菓子のレシピ公開だけでなく、いろんな会社や国が様々な取り組みをしています。作るのが難しいようでしたら、お菓子でなくても、普段買わない牛乳を使った商品を買ってみるなど、困っている人をみんなで助けあえたらいいなと思ってます」

Popular in the Community