坂本龍一さんの「Merry Christmas Mr. Lawrence」、メロディー595音がNFTで発売。購入方法は?

96小節からなる595音のNFTには、それぞれの音が位置する小節の楽譜画像も紐づけられているという。
坂本龍一さん
坂本龍一さん
プレスリリース

坂本龍一さんの代表作品の一つ「Merry Christmas Mr. Lawrence」の音源メロディーが、NFT(非代替性トークン)化された。12月21日夜から3日間に分けて順次販売される。

プレスリリースや公式サイトによると、音源の右手のメロディー595音を1音ずつデジタル上で分割した。96小節からなる595音のNFTには、それぞれの音が位置する小節の楽譜画像も紐づけられている。

今回のNFTは、坂本さんが7月に東京都内で演奏したレコーディング音源から分割し、製作したという。

購入方法は?

NFTの販売は、マーケットプレイス「Adam byGMO」で、1音(1つのNFT)1万円(税込)の固定価格で一次販売する。決済方法は、イーサ、クレジットカード、銀行振り込み(日本円)から選ぶことができる。

595音は段階的に、12月21日〜23日の3日間で販売予定。いずれも日本時間午後7時からで、以下のように3回に分けて販売する。

21日(火)午後7時販売:1〜16小節、作品名1-1〜16-10の190音

22日(水)午後7時販売:17〜56小節、作品名17-1〜56-5の205音

23日(木)午後7時販売:57〜96小節、作品名57-1〜96-1の200音

NFTの購入ページは公式サイトのリンクから飛べる。

購入者の特典は?

それぞれのNFTの初回購入者限定の特典として、「Merry Christmas Mr. Lawrence - 2021」フルバージョンのWAVファイルを期間限定でダウンロードできるリンクが、後日メールで送られる。

さらにNFT所有者には、『坂本龍一「Merry Christmas Mr. Lawrence」直筆楽譜を入手できる権利NFT』のオークションに参加する権利が付与される。

今回のプロジェクトのために、坂本さんが「Merry Christmas Mr. Lawrence」の26小節目までの直筆楽譜を作成。この直筆楽譜の実物を入手できる権利のNFTを、595音のNFT所有者に限定し、「Adam byGMO」にてオークション販売する。

オークションの開始価格は10万円で、期間は12月24日0時〜12月25日23時59分(入札自動延長あり)。

Popular in the Community