年越しから元日にかけて寒波襲来。太平洋側の一部で雪の可能性も

箱根周辺や多摩西部山沿いで雪が降りやすく、路面にうっすら積もることも考えられます。
ウェザーニュース

明日30日(木)の夜以降、2022年元日にかけて年越し寒波が襲来します。

日本海側で大雪となるおそれがあり、大晦日31日(金)から1月1日(土)は太平洋側にも雪雲が流れ込む可能性があります。

大阪や名古屋のほか、南関東も箱根周辺などでは雪に注意が必要です。


大阪や名古屋周辺にも雪雲流れ込む

ウェザーニュース

2021年から2022年へと年をまたいで、日本付近に強い寒気が流れ込みます。

平地で雪の降る目安とされる上空約1500mで−6℃以下の寒気が、西日本や東日本を広く覆うようになります。

このため日本海側のみならず太平洋側にも雪雲が流れ込み、局地的には道路にうっすら積雪するおそれがあります。

大阪や名古屋周辺でも雪の可能性があり、また気温が低くなるため路面凍結のおそれもあります。

お住まいの方だけじゃなく、帰省等で移動する場合にも、車の運転などは十分に注意してください。
» 雪道ドライブリスク予報【NEW】

箱根周辺でも路面凍結に要注意

また、31日(金)は関東南部で異なる方向の風がぶつかり、雪雲の発生する可能性があります。

特に箱根周辺や多摩西部山沿いで雪が降りやすく、路面にうっすら積もることも考えられます。

大晦日の山沿いの移動は最新の情報を確認し、路面凍結に注意してください。
» ピンポイント天気予報

【関連記事】