飼い猫が電気コンロつける⇒住宅火災に。3年間で100件超、韓国の消防が注意喚起【UPDATE】

防ぐ方法は?飼い猫が予期せず“放火猫”にならないために、簡単にできることがある。

韓国の消防当局が、キッチンでの飼い猫の扱いについて特に注意するよう呼びかけている。

2019年1月から21年11月までの約3年の間に、猫が電気コンロをつけたことによる住宅火災が100件以上起きていると、首都ソウルの消防災害本部の情報としてコリアヘラルドが伝えている

もし、電気コンロがタッチセンサー式のボタンで電源を入れるタイプの場合、猫が飛び乗った際に脚が当たるなどして、コンロがついてしまう場合があるという。

飼い猫が予期せず“放火猫”になるのを避けるため、簡単にできることがある。

まず、ボタン式の電気コンロの多くは、ボタンロック機能がついており、猫や小さい子どもなどが予期せず電源を入れるのを防ぐことができる。

CNNによると、ソウルの消防本部は、この機能を使用したり、キッチンペーパーなどの燃えやすいものをコンロから遠ざけたりするよう勧めているという。

猫のイメージ写真
猫のイメージ写真
Getty Images

これは、特にボタン式の電気コンロに対する注意喚起だが、あなたのコンロがつまみ式の場合も猫対策をしたいと考えるだろう。

器用な猫がコンロのつまみをいじって、バーナーを点火させてしまったり、それがガスコンロの場合に家中に可燃性のガスが充満したりした事例が過去にはある。

こうしたケースは、コンロのつまみを覆う子ども対策用のカバーを買うことで、避けることができる。

猫のイメージ写真
猫のイメージ写真
Getty Images

非営利団体の「American Human」によると、アメリカではペットによって引き起こされる住宅火災の発生件数が、1年でおよそ1000件にのぼるという。American Humanはペットの種類別の内訳は集計していない。

ペットが絡む火災を防ぐ手段として、American Humanは、コンロのつまみをカバーで覆う、緩んだケーブルを締め直す、キャンドルなどの火をつけっぱなしで放置しておかない、といったことを推奨している。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。

【訂正 2022/01/03/ 15:30】
タイトルや本文で電気ストーブとしていましたが、正しくは電気コンロでした。訂正いたします。

Popular in the Community