NEWS
2022年01月06日 16時17分 JST | 更新 2022年01月07日 08時54分 JST

ウォルマート、アメリカで留守宅の冷蔵庫に食品を直接届けるサービスを拡大。月額いくらなら使いたい?

ウォルマートは自宅に商品を届ける「ラストワンマイル」戦略を強化する方針です。

Walmart/Wesley Hitt
ウォルマートの宅配サービス「インホーム」

アメリカの小売り大手ウォルマートは1月5日、配達員が留守宅の冷蔵庫に食品を直接届けるサービス「インホーム」について、2022年に利用可能な対象をアメリカの3000万世帯に拡大すると発表した

ウォルマートはサービス拡大のため、22年中に3000人以上の配達員を雇用し、電動の配達用バンを導入する予定だ。

インホームはウォルマートが2019年に開始した宅配サービスで、月額19.95ドル(約2300円)、または年額148ドル(約1万7000円)。現在、アメリカの600万世帯が利用可能という。

利用者はオンラインで食品を注文。配達員は利用者の自宅に到着すると、ワンタイムアクセスコードを使ってドアやガレージの鍵を解錠して入る。配達員のベストに装着されたカメラが作業の様子を記録し、利用者は配達後、最大で1週間、携帯電話から見られるという。

ウォルマートはインホームについて「最新の配送オプションで、小売業者のラストワンマイル戦略の重要な一部分だ」と説明している。