個人情報保護委員会から個人情報が漏えい ⇒「公式が矛盾している」厳しい指摘相次ぐ

事務局は「より厳格かつ適正な個人情報の取扱いに努めていく」としています。
イメージ写真
イメージ写真
PeopleImages via Getty Images

内閣府の外局である個人情報保護委員会は1月18日、パブリックコメントの意見提出者12人の個人情報が漏えいしたと発表した

事務局によると、1月7日午後1時に意見募集手続きの結果をネット上で公表。午後1時40分までの間、誤ったPDFファイルを掲載し、意見提出者12人の名前と一部の人の所属先が漏えいしたという。

個人情報保護委員会はマイナンバーなどの取り扱いについて監視・監督を担う政府の機関。

SNS上では、個人情報の取り扱いに関するプロによる個人情報の漏えいに「公式(機関)が矛盾している」「保護できていないので改名が必要」「個人情報漏えい委員会?」といった厳しい声が上がっている。

事務局によると、12人のうち11人と連絡が取れたが、残る1人と取れていない。情報の漏えいによる被害は把握していないという。

事務局は「より厳格かつ適正な個人情報の取り扱いに努めていく」としている。

Popular in the Community