迷子のワンコが溺死の危機に。「ドローンで大好物のソーセージを吊るす」まさかの方法で救出【動画】

数日間にわたり逃げ続け、お腹が減っていたようです。
ジャック・ラッセル・テリアのミリー。数日間逃走のあと無事に保護された
ジャック・ラッセル・テリアのミリー。数日間逃走のあと無事に保護された
Denmead Drone Search & RescueのFacebookより

散歩中にリードが外れて逃げ出し、干潟に迷い込んでしまったワンちゃん。

捜索して2日間、「最後の手段」として用いられたのは、ソーセージを吊るしたドローンを飛ばして、安全な場所へと誘導することだった。

カヤックなど使い、2日間かけて捜索するも…

3歳のジャック・ラッセル・テリア「ミリー」は、イギリス・ハンプシャー州の港町エムズワースで、迷子になってしまった。ミリーは救助隊によって干潟にいるところを見つけられたが、満潮になると溺死してしまうおそれがあった。

ガーディアン紙によると、警察官や消防士、沿岸警備隊などが救助を試みた。カヤックに乗って接近するなど、2日間かけて手を尽くしたが、逃げ回るミリーを保護することはできなかった。

救助が難航する中、ドローンを活用して人や動物の救助にあたる地元グループ「Denmead Drone Search & Rescue」から「最後の手段」として出てきたのが、ドローンにソーセージを吊るしてミリーを誘い出し、安全な場所まで移動させる作戦だった。

グループの一人、クリス・テイラーさんは、「それは狂ったアイデアだと思った」とガーディアン紙の取材に対し振り返る。

しかし、この作戦は無事に成功した。ミリーはお腹が空いていたのでソーセージが役立ったという。ソーセージはこんがりと焼かれたものを地元住民が提供してくれた。

グループのFacebookに投稿された動画では、ミリーがソーセージを追いかけて走る様子が確認できる。

一件落着かと思ったが…

これで一件落着かと思ったが、ミリーの「冒険」は終わらなかった。

無事に安全なところまで誘導することはできたが、ソーセージを半分ほど食べ、次は近くの森へと逃げ出してしまったのだ。

BBCによると、ミリーはさらに2日間逃げ回ったあと、5キロほど離れた消防署の近くで発見された。ミリーは逃げることなく、自分から近づいてきた。

保護されたミリーは獣医の診断を受けたが、異常はなく「完全に元気」だという。

飼い主のエマ・オークスさんによると、ミリーは食べることが大好きで「与えられたものなら何でも食べる」というが、特にソーセージが大好物。無事に再会を果たし、ミリーを救ってくれた人々に対し「彼らにとても感謝している」と話している。

Popular in the Community