ネイサン・チェン選手の金メダルを讃える実況の言葉が超エモかった。「4年前の忘れ物を取りに来ました」

圧巻のパフォーマンスで金メダルを獲得。その演技を実況したアナウンサーの「言葉が印象的だった」と話題になりました。【北京オリンピック】
|
北京オリンピック・フィギュアスケート男子フリースケーティング(FS)で金メダルを獲得したネイサン・チェン選手
北京オリンピック・フィギュアスケート男子フリースケーティング(FS)で金メダルを獲得したネイサン・チェン選手
Annice Lyn via Getty Images

北京オリンピック・フィギュアスケート男子フリースケーティング(FS)が2月10日に行われ、アメリカのネイサン・チェン選手が金メダルを獲得した

圧巻の演技で8日のショートプログラムと合わせた得点は332.60を記録。他の選手を圧倒し、5位に終わった2018年の平昌オリンピックの成績を超えた。

その演技を描写した実況アナウンサーの言葉がSNSで話題となっている。

選曲も「センスがいい」。2位に20点以上差をつける圧勝

SPでは世界最高得点113.97を記録して1位だったチェン選手。金メダルに向けて勝負に臨んだフリーに選んだ曲は、エルトン・ジョンの『Goodbye Yellow Brick Road』だった。

この選曲も「センスがいい」などと視聴者の間で話題となっていた。

一方、演技構成では4回転と3回転のコンビネーションジャンプも着氷させるなど見事なクオリティを見せ、フリーの得点は218.63を記録した。

ショートとフリーの合計得点で332.60で金メダルを獲得したが、これは2位で銀メダルを獲得した日本の鍵山優真選手の310.05を20点以上も上回った。

アナウンサーの実況が超エモかった

チェン選手の圧巻の演技を伝える実況アナウンサーの言葉も注目を集めた。担当したのはNHKの曽根優アナウンサー。

羽生選手の実況の際には「貫いた挑戦!オリンピック王者としてのプライドを示しました」とその勇姿を讃えていた。

チェン選手の演技に対しては、「揺るぎなし」「今、まさに最強です」などと、視聴者の共感を呼ぶ言葉を次々と紡いで見事に描写した。

ネット上で特に話題になったのは、演技後の「4年前の忘れ物を取りに来ました」という言葉だった。

2018年の平昌オリンピックの演技を踏まえたとみられるもので、Twitterでは「実況がかっこよかった」「言葉が印象的だった」「泣いた」などと表現が称賛された。

選手の魅力を最大限に引き出して伝え、視聴者の共感を呼ぶ実況の言葉。選手のパフォーマンスを描写する表現にも注目して今後の大会も楽しみたい。