医学部入試で「数学Ⅲを削除」と東海大。志望者3割減に危機感。「現役生も健闘できる」と予備校関係者

予備校関係者は「医師国家試験に向けた学修に影響しない科目を試験範囲から削る流れが加速する可能性があります」と予測している

「一般選抜の数学科目から『数学Ⅲ』を削除」

2023年2月に入試(一般選抜)を行う東海大学医学部医学科の入試情報が4月下旬に公開されると、ネット上には衝撃が走った。

従来は数学の試験に含まれていた数学Ⅲが出題範囲から外れることが明らかになり、「(受験しやすくなり)競争倍率は200倍超えるんじゃないか」「文系でも受験できる」「(数学の試験問題が)難化しそう」などと憶測が飛び交い、話題となった。

医学部医学科のパンフレットで出題範囲の変更が予告された
医学部医学科のパンフレットで出題範囲の変更が予告された
東海大学

高校の数学Ⅲは、主に理系の生徒が履修する。学習範囲は「導関数」と呼ばれる微分法や、「不定積分」などを含む積分法など。文部科学省は「事象を数学的に表現・処理したりする技能を身につける」科目だとしている。

一体なぜ、数学Ⅲは有名大の医学部医学科の入試から消えるのか。

ハフポスト日本版は東海大学の入試担当者に、出題範囲を変更した背景やねらいを尋ねた。

志願者3割減の衝撃

大胆な決断の裏側には、2022年2月に実施した入試(一般選抜)でみられた志願者の大幅な減少への危機感があった。

定員60人の一般選抜に志願した受験生は2331人。志願者が3286人だった前年と比べて、3割も急減した。繰り上げ合格者を含めて102人が合格し、受験者数に対する競争倍率は19.7倍と相変わらず狭き門だったが、22.1倍だった前年と比べると低下した。

「医学科の人気がピークを過ぎ、医師を目指す受験生が減っている時代ですが、他大学と比べても志願者の減少が際立つ結果となりました。

このまま競争率が下がれば、大学求めている学力に届かなくても入学できるようになるかもしれません。入学後の学修について行けず、留年や退学につながる恐れもあると懸念しました」

大学では、志願者が減った原因を分析し、複数の他大学と入試日程が重複しただけでなく、かねてより予備校関係者に指摘されることの多かった数学の難易度の高さが、敬遠につながったと推測した。

そこで、数学の出題範囲を狭める「改革」に踏み切った。対策しなければならない範囲を減らすことで、受験生の「心理的な負担」を軽減し、出願のハードルを下げるねらいがあるという。

難化する? 文系でも受験可能?

出題範囲は減らす一方で、試験問題の傾向や難易度は「大きく変えるつもりはない」としている。

「医師としての資質に直結する論理的思考力が身についているかを問う出題にする予定です。『計算を工夫でき、ケアレスミスをしない』という基礎的な能力や一定の応用力を持つ受験生に、医学生になってほしいと考えています」

これまでも同大学の医学科では「大学入学共通テスト」の成績で合否判定する形式の入試などで、数学Ⅲの学力を問わずに選抜を行なってきた。担当者は「数学Ⅲを一般選抜の試験範囲から外しても、医学教育や医師国家試験に向けた学修に特段の影響はないと考えています」と話す。

ネット上では、数学Ⅲが不要になったことで「文系も受けられるのでは」との憶測の声も上がっている。担当者は「東海大の医学科は多様な人材に門戸を開いています。文系の生徒も含め、医学に関心があればぜひ受験してください」と話している。

「現役生も健闘できる」と予備校関係者

突然告知された出題範囲の変更は、受験生にどう影響するのだろうか。

医学部の受験対策に特化する河合塾麹町校の神本優校舎長は、「現役生が健闘しやすくなるでしょう」と分析する。

「数学Ⅲは頻出パターンの練習を重ねれば成果が出る科目なので、多くの演習を積める浪人生が必然的に有利でした。試験範囲から外れたことで、数学の本質的な理解を問うフェアな競争が可能になります」

神本さんは「(研究職ではなく)臨床医を育てることがほとんどの私立大では今後、東海大と同様に、医師国家試験に向けた学修に影響しない科目を試験範囲から削る流れが加速する可能性があります」と予測している。

〈取材・文=金春喜 @chu_ni_kim / ハフポスト日本版〉

Popular in the Community