舞台『キンキーブーツ』ドラァグクイーン役・城田優さんらのビジュアルと公演詳細を発表

2020年に亡くなった三浦春馬さんが演じていたドラァグクイーン・ローラ。城田さんは以前「春馬が愛したローラという役を、とにかく一生懸命演じさせていただきます」とコメントしていました。

2022年秋に3度目の上演が決まっているミュージカル『キンキーブーツ』。

亡くなった三浦春馬さんが演じていたドラァグクイーン・ローラ役を新たに務める城田優さんやメインキャストらのビジュアルと公演詳細が5月24日、公開された。

『キンキーブーツ』でドラァグクイーン・ローラを演じる城田優さん(右)と、青年チャーリーを演じる小池徹平さん
『キンキーブーツ』でドラァグクイーン・ローラを演じる城田優さん(右)と、青年チャーリーを演じる小池徹平さん
提供写真

『キンキーブーツ』は2005年に公開されたイギリス映画で、倒産寸前の靴工場を継いだ青年チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨てて友情を育みながら工場を再建していく物語。

2012年にブロードウェイでミュージカル化され、トニー賞を受賞するなど大成功を記録。日本では2016年、三浦春馬さん、小池徹平さんがダブル主演を務め初上演した。

【2019年の再演決定を知らせるインスタグラムの投稿。三浦春馬さんが初演に続いてローラ役を演じた】

2019年にも再演され人気を集めたが、三浦さんが2020年に死去。ファンらが映像化を求め署名活動を行い、三浦さんの未公開映像を盛り込んだ特別映像が公開されるなど、大きな支持を集めていた。

公式サイトは三浦さんの訃報を受けて3度目の上演を断念することも考えたと明かした上で、オーディションに参加した城田優さんをローラ役に迎え再再演すると2020年11月に発表。城田さんはTwitterで「春馬が愛したローラという役を、とにかく一生懸命演じさせていただきます」とコメントしていた。

三浦春馬さん(2017年撮影)・城田優さん(2015年撮影)
三浦春馬さん(2017年撮影)・城田優さん(2015年撮影)
時事通信社/Getty

3度目の上演には、初演・再演に続いてソニンさんや玉置成美さんらも出演する。メインキャストが揃ったビジュアルも公開された。

東京公演は10月1日~11月3日に東急シアターオーブで、大阪公演は11月10日~11月20日にオリックス劇場で上演される。チケットの一般発売は東京公演が9月3日午前10時から、大阪公演が10月1日午前10時から。各種プレイガイドで発売される。

城田優さんがローラを務める『キンキーブーツ』のビジュアル
城田優さんがローラを務める『キンキーブーツ』のビジュアル
提供写真