『ムロツヨシの日』って何?日本記念日協会が正式認定→「国民の祝日にしてほしい」と話題に

日本記念日協会が、『ムロツヨシの日』として認定した日とは?
ムロツヨシさん
ムロツヨシさん
時事通信社

俳優のムロツヨシさんが6月25日、自身のインスタグラムを更新。一般社団法人日本記念日協会に、6月24日が「ムロツヨシの日」として認定されたことを明かした。

この日ムロさんは、「ムロツヨシの日っ」とのコメントを添え、日本記念日協会が発行した記念日登録証の写真を公開。

以前から自身の名前にちなみ、「6月24日はムロツヨシの日」と話していたムロさん。公開中の主演映画『神は見返りを求める』の担当者が同協会に申請し、24日に行われた舞台挨拶で、正式認定されたことが発表されたという。

ファンからは、「おめでとうございます」「いっそ国民の祝日にして欲しい」「数字に置き換えられるお名前にも感謝ですね」といったコメントが寄せられている。

◆映画『神は見返りを求める』のストーリーは?

ムロツヨシさんが演じる主人公・田母神は、合コンでYouTuber・ゆりちゃん(演:岸井ゆきの)に出会う。

田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫に思い、まるで「神」の様に見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。

ゆりちゃんにとって田母神は一生懸命手伝ってくれる良い人だが、動画の作り方にセンスがない。恋が始まる予感が一転、物語は“豹変”する――というストーリーだ。