土屋太鳳さん、4種類の「着物姿」が「本当に素敵」と反響。主演ドラマの秘話を語る【画像集】

土屋太鳳さんが主演ドラマ『やんごとなき一族』を、着物で振り返りました。
|
土屋太鳳さん
土屋太鳳さん
Christopher Jue via Getty Images

俳優の土屋太鳳さんが8月2日までに自身のインスタグラムを更新し、主演を務めた2022年4月期のテレビドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)で披露した4種類の着物姿を公開し、裏話も明かした。

同作は、土屋さんが演じる下町育ちの主人公・篠原佐都が、江戸時代から400年以上続く名家で、不動産事業を手がけ莫大な資産を有する一族に嫁ぐことになるというストーリー。作中では多くの和服が披露された。

土屋さんは最終回での写真を添え、「なんと…このお着物、実は佐都の生みの親である原作者、こやまゆかり 先生が成長した佐都にふさわしい姿としてお貸しくださったお着物なのです こやまゆかり先生ご自身がオーダーメイドによって図案を練られ、風彩染 という染めなど様々な素晴らしい技術によって1年以上かけて完成された貴重なお着物」と明かした。

また「最終話まで本当にいろいろなことがあって佐都を通して心動かされた日々でしたが、現実にはお花見の時から3ヶ月くらいしか経っていないので『成長した佐都』を表現出来るかどうか正直、すごく心配ではありました」と振り返り、「ですがこのお着物のパワーが本当に力強くて そのエネルギーが背筋を伸ばしてくれたし背中を押してくれたし、どんな時も揺らぐことのない覚悟と深くて豊かな愛情をあの場面の佐都に授けてくれたと思います」とした上で、こうつづった。

「佐都を通して出会ったことはこれから先の私自身の人生も素敵に変えてくれそうなことばかりでしたが、和装もそのひとつ 今はまだ着物のことは詳しくないし着付けもしていただいてばかりだけれど大人の時間の中で少しずつでも覚えていけたらいいな…」

ファンからは「本当に素敵」「今後、さらに和装のお仕事増えそうですね!!!私は、大河ドラマの主役を夢みています」といったコメントが寄せられた。

作中で、最初のトラブルのきっかけとなった着物については、「今から思うと、結局はこの着物が深山家での佐都のスタートダッシュを後押ししてくれたような気がするし、『佐都と言えば和装』というイメージの第一歩になった気がします」と振り返った。

作中で、日本舞踊の稽古をする際に披露した着物については「この時の佐都は必死なので髪はちょいボサボサです 前も書いたように日本舞踊の先生方は普段から素敵な和装なのですが、そういった方々が選ぶ着物のタイプにものすごく当てはまるお着物でした」と投稿。

後ろ姿のショットも披露し、「和装は後ろ姿も大好きです」とつづった。

作中のお茶会で着用した着物については、「柔らかくて華やかだけれど落ち着いた感じが素敵だったなぁ…」と振り返った。