奄美を訪れた瞬間「ココだ!」と思った。IMALUさんが東京と往復する二拠点生活をスタート

数年前からリモートと現場の半々で働く方法を探っていたというIMALUさん。愛犬の「バルーさん」とともに海を楽しむ写真を投稿しました🏝
|

タレントのIMALUさんが8月5日、自身のインスタグラムを更新し、東京と奄美大島(鹿児島県)を行き来する「二拠点生活」を始めたことを報告した。

透き通るように輝く海で遊ぶ、愛犬の「バルーさん」と自身の姿の写真を投稿した。

元々旅や海が好きで、数年前からリモートと現場の半々で働く方法を探っていたというIMALUさん。「仕事と自分の時間のバランスがもっと取りやすくなった時代となりました」とつづった。

奄美大島を訪れた瞬間に「ココだ!」と思ったその直感を信じて、海が見える家と都会とを行き来する生活に挑戦することにしたという。

「根っこからの東京っ子の私とバルーの離島生活。これからインスタ等で楽しんでいただければと思います・・・!挫折したらそれはそれで笑ってね。皆さんよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

コロナ禍となってリモートワークが広がり、二拠点生活や、旅先で休暇と仕事を組み合わせる「ワーケーション」への社会の関心も高まっている。

そんな中でのIMALUさんのチャレンジ。インスタグラムの投稿には、「羨ましい」「応援してます」といった声が寄せられていた。

交流のあるタレントらからも反応が寄せられ、田中律子さんは「動いちゃえばもう大丈夫 後はもう楽しむだけだぁーーー」とエール。榊原郁恵さんも「バルーちゃんもimaluちゃんも良い顔してる」とコメントしていた。

「バルーさん」の生活を報告するインスタグラムのアカウントでも、二拠点生活を始めたことを報告。体への負担も踏まえ、バルーさんは奄美をベースに生活するという。