トム・ホランド、SNSから離れることを公表「刺激が強すぎて打ちのめされる」

小規模な慈善団体への支援活動にも取り組むトム・ホランドさん。メンタルヘルスに関する活動をする団体への寄付も呼びかけました。
トム・ホランドさん
トム・ホランドさん
via Associated Press

『スパイダーマン』シリーズなどで知られるイギリス出身の人気俳優トム・ホランドさんが8月14日、自身のInstagramを更新。メンタルヘルス上の理由で、SNSから離れることを明かした。

ホランドさんは投稿で、メンタルヘルスを保つためにしばらくSNSから遠ざかっていたことを報告。シェアした約3分間の動画の中で、自身のメンタルヘルスに有害であるとして、TwitterなどSNSのアプリをスマホから削除すると説明した。

投稿の末尾では「メンタルヘルスについて語り合いましょう❤️」と呼びかけた。

ホランドさんは、「InstagramとTwitterは刺激が強すぎて、打ちのめされてしまうんです。ネット上で自分に関することを目にすると、夢中になって(負の)スパイラルに陥ってしまい、最終的にメンタルにとても悪影響を与えてしまう」と告白。「だから一歩引いて、アプリを削除することにしました」と説明した。

助けを求めるのは「恥ずべきことじゃない」

小規模な慈善団体の資金集めをサポートするため、ホランドさんは2019年、兄弟らとともに基金「ブラザーズ・トラスト」を立ち上げている

投稿されたビデオでは、ブラザーズ・トラストが支援する、10代のメンタルヘルスの向上をサポートする慈善団体「stem4」の取り組みや、団体が提供する4つのアプリを紹介。活動への寄付も呼びかけた。

ホランドさんによると、stem4の4つのアプリはいずれも無料で利用できる。若者のメンタルヘルスを家族や友人がサポートすることや、落ち込んだ気分を回復させるのに役立つという。

「ブラザーズ・トラストがこの団体を支援しているのは、素晴らしい活動だと考えているからです。メンタルヘルスに対するひどい偏見があり、助けを求めるのは恥ずべきことではないと分かっています。でも口で言うのは簡単ですが、実行するのは難しい。だから、これらのアプリがより幸せに、より健康になるための最初の一歩になることを願っています」

ホランドさん自身もこれらのアプリをダウンロードしており、「本当に助かっている」と話す。

動画の締め括りに、「私はまたInstagramから姿を消します。皆さん、愛とサポートをありがとうございました」と感謝を述べた。