「転倒した室外機には触らないで」ダイキン工業が教える台風対策がこれだ【画像】

大型で非常に強い台風14号(ナンマドル)の影響で、広い範囲で大雨や暴風が懸念されています。ダイキン工業が、台風に備えて「室外機トラブルの対処法」を紹介しています👀
|

大型で非常に強い台風14号(ナンマドル)の影響で、広い範囲で大雨や暴風が懸念されています。

台風への備えの一つとして、空調メーカー・ダイキン工業が「室外機トラブルの対処法」を紹介しています。

ダイキンによると、過去には、暴風雨や水害によってエアコンの室外機の転倒や落下など様々な被害が報告され、ダイキンへの問合せも急増したといいます。

ダイキンが教える、台風などの災害時への備えとは?

次の2点について、紹介します。

①エアコンの室外機の転倒防止策

②倒れてしまった室外機の対応

エアコンの室外機、転倒を防ぐには?

ダイキン広報グループの重政周之さんは「事前にできる対策」として、「大型の台風が予想される場合は、室外機が倒れないようにコンクリート製の重い置き台やゴム製の防振パッドを用いたり、室外機の周辺をキレイに片づけたりしておくのも重要です」と話しています。

また、設置スペースに融通が利く場合は、エアコン設置時に室外機の正面と背面が風を受けない向きに据え付けるよう業者に相談することも、室外機の転倒予防につながるといいます。

もし室外機が倒れてしまったら…

横倒しになった室外機のイメージ
ダイキン工業提供
横倒しになった室外機のイメージ

もし、台風などによって室外機が倒れてしまった場合はどうしたらーー。

重政さんは「転倒した場合は、とにかく触らないことが大事です。室外機の転倒により、目視では判別できない破損が生じている可能性もあります。ご自身で室外機を起こそうとすることで、配管や配線が外れたり症状が悪化したり、思わぬケガにつながったりする場合もあります」と注意を呼びかけます。

NG対応
ダイキン工業提供
NG対応

転倒してしまった場合は、自分で触らず、使用しているエアコンの販売店に連絡、相談することを勧めています。

また、台風や大雨などで室外機が浸水してしまった場合についても、エアコンの使用をすぐに中止し、室内機の電源を抜くかブレーカーを切って、使用しているエアコンの販売店かメーカーに連絡、相談するよう呼びかけています。

室内機のブレーカーを切る
ダイキン工業提供
室内機のブレーカーを切る
電源を抜く
ダイキン工業提供
電源を抜く

その際、電気が復旧していない状態ではエアコンの動作確認ができないため、必ず復旧してから連絡するよう求めています。

浸水により室外機の電気回路の部品に水が入ると、一度乾いても漏電や発火などが起きる可能性があり、泥などの不純物がモーターの不具合の原因になることもあるといい、十分に注意が必要です。

浸水した室外機のイメージ
ダイキン工業提供
浸水した室外機のイメージ

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。

訂正の連絡はこちら