東京都心の気温が急降下。前線通過により一気に秋の空気へ

20日(火)の夕方には20℃を下回る予想。21日(水)も一日を通して平年より低めの気温が続く予想です。
ウェザーニュース
今日20日(火)9時に台風14号は温帯低気圧へ変わりました。その低気圧からのびる寒冷前線が関東を通過中です。

東京都心では激しい雨とともに気温が一気に下がり、風向きも南から北西に変化しています。

一気に秋の体感に 明日にかけて涼しさ続く

東京都心では9時30分の気温は27.7℃でしたが、10時頃に雨が降り出し、10時30分には22.2℃となりました。1時間のうちに5℃以上も気温が下がっています。

また、9時台には南風でしたが、昼前には北西の風に変わりました。これは寒冷前線の通過により、台風に向かって吹き込んでいた夏の空気から、秋の空気に変化したことを示しています。

この後も気温は段々と下がり、夕方には20℃を下回る予想になっています。明日も一日を通して平年より低めの気温が続く予想です。急な肌寒さで体調を崩さないよう注意してください。
» GPS検索 ピンポイント天気予報
【関連記事】

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。