アンパンマンのチーズは、ばいきんまんの手先だった?衝撃の過去、その真相は...

チーズはいったい何者なのか?「アンパンマン」の初期作品に、チーズの正体のヒントがあった。【10月3日はアンパンマンの日】
|
『アンパンマンのしかけえほん』
『アンパンマンのしかけえほん』
やなせたかし原作、フレーベル館、Amazon

アンパンマンの仲間として知られる茶色い犬のチーズ。くりんとした目や愛らしい声が特徴的で、主要キャラクターの一匹だ。

そんなチーズが、実は「ばいきんまんの手先だった」という衝撃の設定をご存知だろうか。

チーズは“裏切り者”だったのか?その真相を解き明かすため、過去の作品をたどった。

アンパンマンの原作者やなせたかし氏(2013年死去)は1970年代後半〜80年代前半、自身が編集長を務めた『月刊いちごえほん』(サンリオ)で漫画『アンパンマン』を連載。やなせ氏が描くアンパンマンの初期作品だ。

全71回の連載を収録した『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』(発行:フレーベル館、発売:復刊ドットコム)に、チーズの初登場シーンとみられる物語が掲載されている。

弱みにつけこもうとしたばいきんまん

犬が苦手なアンパンマン。ある日、吠えて追いかけてくる犬から逃げ回っていた。

その様子を見ていたばいきんまんの子分は、アンパンマンの弱点が犬だとばいきんまんに報告。敵の弱みをつかんだとほくそ笑むばいきんまんは、「チーズ」という名の犬を連れてアンパンマンのもとへと攻撃に向かった。このチーズは、耳と目の周りが黒く描かれ、アニメ版のチーズとは見た目が異なる。

襲いかかってきたチーズだが、アンパンマンの仲間のバタコさんが食べ物のチーズを与えると、いとも簡単になびいてしまった。

さらに、チーズはあろうことか「ばいきんまんをやっつけろ!」というバタコさんの命令に従い、ばいきんまんの後を追いかけた。

バタコさんを気に入ったチーズは、アンパンマンたちのもとで暮らすこととなった。

初期作品からは、チーズがもともとばいきんまんの手先だったこと、それにも関わらずバタコさんに手なずけられてばいきんまんを裏切ったことがわかる。

アニメは「森の中でないていた」

ただ、アンパンマン公式ポータルサイトでは、「チーズはどこから来たのですか」という質問に対し、次のように説明している。

「TV『それいけ!アンパンマン」の第一話で、森の中でおなかをすかせてないていたチーズを、アンパンマンが顔をあげて助けました。どこから来たのかはわかりません」

さらに、チーズの名付け親はバタコさんであると書かれている。

このように、『月刊いちごえほん』の連載で描かれていたチーズの過去と現在のアニメ版では、設定が異なっている。

『だれも知らないアンパンマン』の発行元であるフレーベル館は、ハフポスト日本版の取材に対し、「初期作品とアニメ版は混ぜこぜにしない方針」としてキャラクター設定に関して詳細をコメントしなかった。

━ ━ ━

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。