「もう一度笑顔が見たかった」アントニオ猪木さん訃報、プロレス界や著名人から惜しむ声

「偉大なプロレス界の父」「見守ってください」。アントニオ猪木さんの死去の知らせに、プロレス界や著名人から追悼のコメントが相次いでいる。
|
アントニオ猪木さん=2016年撮影
アントニオ猪木さん=2016年撮影
時事通信社

元プロレスラーで参議院議員を2期務めたアントニオ猪木さんが10月1日、79歳で死去した。プロレス界の巨星として多くの人に慕われたアントニオ猪木さんの訃報に、プロレス界や関係者などから悼む声が相次いでいる。

「絶対的存在」「偉大なプロレス界の父」

元格闘家でタレントの高田延彦さんは、「我がスーパーヒーロー、アントニオ猪木が亡くなったとの一報が入った。ついにこの日が来たか、猪木さんが逝ったんだ。まだなんとも言えぬ気持ち。心よりご冥福を祈りします」とつづった。

スターダム所属の女子プロレスラーのジュリアさんは、「プロレスを大きく大きくしてくださってありがとうございます。 神様になって見守ってください。 アントニオ猪木さんのご冥福をお祈りします」と悼んだ。

新日本プロレスの永田裕志さんは、「今起きてすぐに、猪木会長の訃報を知りました。 まだ信じられない気持ちで、混乱してます」と、戸惑いを吐露。「 もう一度猪木会長の笑顔が見たかった」。

世界最大級のプロレス団体WWEで活躍する中邑真輔さんは、「お疲れ様でございました」とのコメントとともに、アントニオ猪木さんと笑顔で写るツーショットを添えた。

アントニオ猪木さんは1960年9月30日にリングデビューし、2020年に60周年を迎えていた。

プロレスファンとして知られるお笑い芸人の古坂大魔王さんは、「デビューした日付の翌日に… 僕たちプロレスファンの神であり、英雄であり、絶対的存在であり 何より闘魂でした。 追悼の意を込めて… 1.2.3…ダァ…🙏。」と、悼んだ。

プロレスラーで元参院議員の大仁田厚さんは、「ひとつの時代が終わった ニュース見て 頭が真っ白になった」と心境を告白。

「馬場さんとはまた違う 大きな大きな存在

交渉の席で決裂し 結局対戦することはなかった

いつも心のどこかに 引っかかったままだった

偉大なプロレス界の父 猪木さん

ありがとうございました 心から哀悼の意を表します」

▼著名人や関係者からの追悼コメント

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。