「ドレスを着ると強くなれる」氷川きよしさん、自信に満ちた豪華な紫ドレス姿が話題に

「強くカッコ良く着たいの」━━。華麗なドレスを身にまとい、マイクを握る氷川きよしさん。笑顔いっぱいの表情が輝いています 🎤
氷川きよしさん=2020年撮影
氷川きよしさん=2020年撮影
時事通信社

歌手の氷川きよしさんが10月3日、自身のInstagramを更新し、紫色の豪華なドレスを着用したコンサート中とみられる写真を公開しました。

氷川さんは、「ドレスを着ると強くなれる。強くカッコ良く着たいの」と投稿。笑顔でスカートを揺らしたり、クールな表情でマイクを握ったりする写真を添えています。

同じ衣装の写真をシェアした数日前の投稿で、氷川さんは「気位は人の冷たさを知っていて傷つくのを守るため。でもその何倍も人の優しさが沁みてしまう」とつづり、現在の心境を明かしていました。

別の投稿では、装いを一変してタキシード姿などのショットを公開。「コンサート…今の私を伝えられる盛大なお祭り」と、喜びを表現しています。

氷川さんのドレス姿に、ネット上では「唯一無二の表現者」「エレガント」などのコメントが寄せられています。

氷川さんはこれまでにも、「自分らしさ」を大切にするメッセージを繰り返し発信しています。

2019年末に放送されたTBS系列の「第61回輝く!日本レコード大賞」では、“演歌歌手”のイメージから一線を画すような力強いパフォーマンスを披露。司会とのやりとりで「自分らしく輝くことが一番大切です」コメントし、反響を呼びました。

2021年のクリスマス当日には、ヘッドドレスやドレスを身にまとった写真をInstagramでシェア。「If you were born, you should love(生まれてきたら愛すればいい)」というメッセージを寄せていました

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。