NEWS
2019年02月16日 16時23分 JST

「スーパームーン」がまたやってくる。2月19日夕方から翌朝まで出現、2019年最大の満月に

2月のスーパームーンは、先月よりも地球と月の距離が近いため、2019年で最も大きく見える満月となります。

ウェザーニュース

2019/02/15 20:06 ウェザーニュース

先月21日についで今年2回目となるスーパームーンが、来週19日(火)夕方〜20日(水)明け方にかけて出現します。

2月のスーパームーンは、先月よりも地球と月の距離が近いため、2019年で最も大きく見える満月となります。

スーパームーンは19日の夜?20日の夜?

ウェザーニュース

 

カレンダー等に表示されている月の満ち欠けでは、2019年2月の満月は20日(水)となっているため、スーパームーンも20日に見ようと考えている方も多いと思います。

ただ、今年2月の満月の瞬間は20日の0時54分頃のため、スーパームーンは19日(火)の夕方〜20日(水)明け方頃にかけて出ている月ということになります。

スーパームーンとは?

ウェザーニュース

スーパームーンとは、もともと天文学の用語ではなく占星術の用語で、明確な定義はありません。

この言葉を広めたNASAの研究所の一つであるジェット推進研究所(JPL)のサイトでは、地球と月の距離が近いときに満月になると、平均的な満月よりも大きく、そして明るく見えるため、これをスーパームーンと呼ぶとしています。

NASAのサイトでも、地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はしていませんが、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の満月をスーパームーンとしているようです。

スーパームーンは明るさもアップ

ウェザーニュース

《2019年の満月時の地球と月の距離》
1月21日…約357,700km
2月20日…約356,800km

1月よりも月と地球の距離は更に近いことから、今月のスーパームーンは先月よりも大きく見えるので、2019年で最も大きい満月となります。

1年で最も大きい満月は、1年で最も小さい満月(2019年は9月14日)に比べて、約14%大きく、最大で約30%ほど明るく見えると言われています。ぜひ当日は明るさにも注目して月を見るようにしましょう。

気になる当日の天気は?

ウェザーニュース

 19日(火)〜20日(水)は、低気圧が西からやってくるため、全国的に天気下り坂です。

低気圧の影響が少ない沖縄や、曇りだすタイミングが遅い関東や北日本ほどスーパームーンを見られる可能性は高いと見ています。

関連記事