WORLD
2019年08月07日 19時00分 JST | 更新 2019年08月08日 12時57分 JST

お分かり頂けただろうか?台湾の蔡英文総統が真剣な会談中に飲んでいるのは、タピオカミルクティーだということに

「台湾が世界に誇るタピオカミルクティーをお試しいただきたかったんです!」

Twitter/iingwen
お分かりいただけただろうか?(蔡英文総統のツイートより)

中華民国の旗を挟んで真剣な表情で対峙する2人の男女。左にいるのはNHKの有馬嘉男(ありま・よしお)キャスター、右は台湾のトップ、蔡英文総統だ。

香港デモの台湾への影響について取材するNHKの番組「ニュースウォッチ9」の取材風景だ。何の変哲もないこの写真だが、よく見ると違和感がないだろうか。

2人の手元に置かれている茶色い飲み物に、よく見ると黒いツブツブが……。そう、この飲み物は最近、日本のナウなヤングにバカウケしているタピオカミルクティーだったのだ……!

蔡総統は、写真と合わせて日本語で以下のようにツイートした。

「有馬キャスターとのインタビューは台湾と香港の未来について真剣な議論でしたが、それでも台湾が世界に誇るタピオカミルクティーをお試しいただきたかったんです!」

 

タピオカミルクティーは台湾発祥。台中市のお茶専門のカフェ「春水堂」の従業員だった林秀慧氏が、たまたま市場で買ったタピオカをお茶に加えたことで誕生したと言われている

■NHKのInstagramより(UPDATE 08/08 12:55)

3枚目にタピオカミルクティーの姿が!プラスチック製ではなくガラス製のストローが使われていたという。

健康な地球で、みんなが平等に平和に生きる。

2030年に、それを実現するための目標がSDGs(持続可能な開発目標)です。
ハフポスト「はじめてのSDGs 」では、日本をはじめ世界中の問題や取り組みを紹介。

私たちに何ができるんだろう... みんなで一緒に考えてみませんか?