NEWS
2019年11月13日 18時48分 JST

「子子子子子子子子子子子子」の読み方は?

詩歌や儒学に優れた学者、小野篁の才気煥発な様子が伝わるエピソードです。

Huffpost Japan

「子子子子子子子子子子子子」。何と読むか分かりますか?

古典文学「宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)」に、以下のようなエピソードがあります。

平安時代のこと、内裏に「無悪善」と書いた立て札が立てられた。嵯峨天皇は、学者の小野篁(おののたかむら)に読み方を聞いたところ、小野は「悪(さが)無くて善からん(嵯峨天皇がいなければよいのに)」と読み、嵯峨天皇を呪うメッセージと解読した。
 

嵯峨天皇は「この立て札を解読できたのは、お前が書いたからではないか?」と激怒。「自分は何でも読めるのです」と小野は弁明した。そこで嵯峨天皇は「子子子子子子子子子子子子」と子の文字を12個書いたものを「読め」と言った。
 

小野は「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだ。嵯峨天皇はにっこりと微笑み、怒りが解けた。

子の読み方には、十二支の「子年(ねどし)」の「ね」という読み。それに訓読みの「子供」の「こ」。音読みの「し」。さらに、「し」の変化系で「じ」と読まれていました。これを上手く組み合わせて「ねこのここねこ、ししのここじし」と読んだのでした。

本当かどうかは不明ですが、詩歌や儒学に優れた小野篁の才気煥発な様子が伝わるエピソードです。

ちなみに今昔物語集では小野篁が「昼は朝廷で官吏を、夜は冥府で閻魔大王の裁判を補佐していた」なんていう話もあるそうです。

 

【参考文献】

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 第三の十七 小野篁広才の事